Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2005年3月19日 | トップページ | 2005年4月7日 »

2005年3月30日の1件の記事

2005.03.30

「十三のトンカツ」3月29日

半年振りに食いました、トンカツ。 処は大阪屈指の下町、十三にて。
昨年の秋に受けた人間ドッグで通風予備軍宣告を受けてから初のこと。数の多い卵(いくらや数の子など)、レバー、ビール、などプリン体の多いものは避けるようにいわれてきました。
確かに医師から渡された通風手帖(本当にこういう手引きがあるんです)に色々な可否の食物が記されていて、ただし、その中で気になるのが蕎麦やうどんの汁、またトンカツという文字も入っていることでした。

おいおい、そば、うどん、その汁、トンカツは俺の3大好物じゃねえか、と。

まぁ、そば&うどんに関してはあまり汁に没頭しなければ気にしなくてもいいとのことでしたが、ほかに脂肪肝臓、内臓脂肪過多もある僕としては、トンカツはタブーなのだとか。

しかし、しかしですよ、今日は自分が顔出しで紹介すべし仕事。さらにこのトンカツ屋は潰れかけの店。一日でも早く、取材をしてしまいたいと思っていたわけです。

むろん、自分にそんな大層な力があるとは思いません。あまりにも微力、いや、足を引っ張ってしまうようなことになるかもしれません。でも、この店は、昨今日に日に激減していく、個人芸がたっぷりつまったオリジナリティ溢れる店なんです。 路地裏の路地にあるためと、流行らない皿に盛り付け方、さらにトンカツでも1ヶ月かけて創り上げられたマイルドなデミグラスソースや、添え物のふっといケチャップ味のスパゲティも今最もイケてないので、どんどん売上は下がっていきます。

そして個性だけでなく、もちろん味もうまい。生の無菌豚肉をラードでさっと揚げるので、重たくはないし、執拗な衣や人工的な旨みはありません。だが、今の時代は化学の味でとことんまで塗りたくられたものが美味いとされる時代。この手のモノが今もっともデッドスポットなんです。

なんとしてでも、今日の取材は実現させたかった。そんなだから、おっちゃんは気を利かせてくれて大盛りに。美味かった、嗚呼、巧かった。 俺の身体は大丈夫だろうか、と思いつつ。

しかし、これで結局、火がついてしまい、トンカツ屋のある十三の飲み屋街へついつい。気がつけば2軒ハシゴをしていたわけです。 美味いもの、これほど罪なものはありません。

十三・阪急東口徒歩2分「洋食とんかつ十三大富士」にて

« 2005年3月19日 | トップページ | 2005年4月7日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook