Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2005年11月28日 | トップページ | 2006年1月19日 »

2005年12月23日の1件の記事

2005.12.23

『西なカレー島』12月23日

大阪人はご存知だろうか?
西中島というちっぽけな猥雑の街に、現在カレーを専門とする店が8軒もあることを。これを僕は勝手に「西なカレー島」と名づけているのだが、特に新御堂筋からみて西側に集中している。

一番古い店が70年代から続く喫茶店風造りのカレー専門店。毎日、ウインナーとかコロッケとかのトッピングのついたランチを600円前後で出してくれる良心的な店だ。煮詰め系、色は黒に近い赤、トマトの酸味が強く、ショウガもバリバリに効いている。器は古典的ないわゆるライスカレー皿。楕円形でやや丼型の白色だ。昼はサービスでゆで卵、または生卵がついてくる。卓上には福神漬けとらっきょ、紙ナフキンに冬でも氷一杯の水とこれまた昭和スタンダード。きっと、かつてはそれなりに評判を読んだであろう可愛かった形跡のあるおばちゃんが一人でやっているのだ。

次にその4軒隣にある日本人経営者によるインド人コックが立つインド料理店。これはフロム名古屋で、あちらでは行列が出来るほどの人気店らしいが、残念ながら西中島で行列を見たことはない。でも、とても個性的で僕は大好きな店だ。売りは表に立てているのぼりの示すとおり、「インド人シェフによるカレーうどん」である。間違いなく冷凍であろう、サヌキ系のコシありうどんを使い、インド人の定番玉ネギを圧力鍋で湯掻いてスパイスと煮た系統のポロロンタイプのカレーとあわせるのだ。ただ、これが通常のインド人の好みよりも、やや醗酵路線の世間で言う熟カレーの甘みがあり、こいつが結局はダシをいれずとも、それに変わるウマミをかもし出しているので、うどんとギリギリあっていたりするのだ。ランチメニューなのだが、ここに型で抜いた綺麗なおにぎりが二つつくのも感動物である。

で、そこから50mほど離れたところに、開業して10年ほどになる西インド出身のインド人経営者による、北インド人南西インド人シェフのインド料理店がある。ここの売りは、何度か雑誌で書いたことがあるが未だブレイクしない、白いタンドリーチキンの白いカレーだ。いわゆる北西のインテリカレーで、白の招待はカシューナッツである。全然辛くないし、スパイス=辛い、と信じ込む日本人からすると、特長をつかみにくいし、どう感じればいいのかわかりにくいもの。でも、これが僕の大好物で、とてもスパイスの芸を感じるのである。キーワードはペパーの使い方なのだ。さらにクミン、微妙にターメリック。これらのバランス感覚は、インド人だからではなく、単純にセンスを感じるのである。
RIMG0002


ほか、その筋向いにある日本人中年女性によるカフェ風カレー店。ここは昼間は500円で、いわゆるライスカレーを出すお店。一度いったが、いまひとつ特徴を感じられず、他に行く店が多すぎるため足が近づかないでいる。

5軒目はそこから70mほど北へ行ったところの「五番館」。これは元々新大阪にあったはずの店で、最も日本人好み、いや関西人好みの柔らかでダシいっぱいで、色は黄色で、甘いくせに辛い店だ。トッピングもライス量も辛さも何段階かで調節可能。ココイチが開拓してきた、システマティック・カレーの真髄といえよう。一番日本人がわかりやすい味とシステムなので、やはりよく流行っている。

ま、これらが西側のカレー図であるが、実はもう一軒、最近カレーを真面目にやりだした店がある。でも、ここは元々がワインも飲めるカフェだっただけに、その中庸感が否めないためにここでは数からはずさせていただいた。

さて、東側へと向かう。こちらにはインド人(本当にそうか怪しいが)によるインド料理店が今年できた。さらにその50m駅よりのところに、大阪駅地下で評判を読んでいる、こだわりのカレーうどんの店が出来た。甘くて辛い、さらに昆布とカツオ、雑魚のダシが異様なまでに効いている。ステーキハウスみたいに、パリパリという白い紙エプロンをつけて食し、正面では板前風のオヤジさんが、まるで洋食レストランの今時のムードでたっているために、少しばかり緊張、いや気取りながらズルズルッ~とやらなければならないのが新しいといえば新しい。

で、いよいよ8軒目は、阪急(こちらは南方駅という)線路沿いにも、カレーうどんを売りとするカレー屋が。これもまた大阪市内からやってきたものだが、先述の五番館よりももっと柔らかでダシ系の、あま~い、でも辛い、というタイプのカレーだ。トッピングも充実、水もたっぷりと卓上、またはカウンターにおいているタイプ。でも、この薄味、ダシ合戦の中でカレー通を自称する気にはなれないので、一度きりとなっている。

ほかにも、奥へ行くと専門学校がいくつかあるために、若者向きのカフェ風の店で、カレー系を売りにしている店は2~3軒ある模様。しかし、これらもどっちつかずなので、ここでは数に入れないことにする。

半径200m周囲に8軒のカレー専門店。ほんまに大丈夫かと思いつつも、これで本当に「西なカレー島」町おこしをすれば面白いだろうな~。カレーマップも作って、各店でオリジナルカレーを仕立てて、ハーフサイズも設置。1年有効な「西なカレー島カード」も発行して、大阪市営地下鉄と阪急の割引チケットの仲間に入れてもらう。たとえば、1日乗り放題食べ放題で2000円とか。で、カレー島で組合を作り、ここだけなら3000円で1割お得のカードとかを作る。各店にロゴステッカーなどを貼って、ちょいとだけテーマタウン風にしてしまう。よければ、関係のない居酒屋やお好み焼き、オデン屋などでもカレー商品を開発してもらい、みんなで参加する。
やがては淀川区も観光事業として扱うようになり、いつの日か、淀川区西中島は本当に「西のカレーアイランド」となるのだ~。

どうだろう?このアイデア。

« 2005年11月28日 | トップページ | 2006年1月19日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook