Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2008年5月13日 | トップページ | 2008年5月15日 »

2008年5月14日の1件の記事

2008.05.14

5.31本瀧寺宿坊mixに向けて

来る5月31日、宿坊カレーイベントの準備のために、本日妙見山へ。僧侶シューケン君と一緒に能勢産野菜を探しに行ってました。が!こいつが手に入らない。能勢=美味い野菜、には間違いないようですが、このご時勢で地野菜の人気が沸騰。道の駅等では連日行列が出来るほども忙しいらしく、ボランティアイベントを計画する我々にまわしてもらえるだけのものがないというのです。ザンネン!こりゃ~by豊南市場になりそうです。

でも、大阪のチベットとも言うべく難&遠路を越えて、寺の神聖な空気を味わえることには違いありません。事実、その恩恵を僕は本日体感してきました。ちょいと箕面のことで悩みを抱えていた僕は寺の駐車場でシューケン君に話を聞いてもらっていました。すると彼は「ケンさん、もうそういうのはヤメにしましょうよ。せっかくの美味い料理が不味くなってしまうから」

僕は大切なことを思い出しました。そうだ、美味い料理の最終調味料は自分の心のありようだった、と。なんてことない彼の一言に目が覚めた僕は胸中の毒をその場に捨て去りました。

まだまだ修行の足らない ナマグサだと思っていたけど、こいつさすがの邪気払い系僧侶だと帰りの車中で実感しつつ。というわけで本日の写真は本瀧寺の一部を。

寺だけど鳥居があります。車道からヘアピンを曲がるように一の鳥居をくぐるとモノトーンのチベット参道が。駐車場横の二の鳥居からは急斜面の階段となり本堂~宿坊へとつながります。寺は妙見山の頂に沿うような格好であります。宿坊の縁側からは丹の国の山々が望めます。 麓には田園が広がっています。Photo_9Photo Photo_11 Photo_12 Photo_13

« 2008年5月13日 | トップページ | 2008年5月15日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook