Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2008年7月19日 | トップページ | 2008年7月26日 »

2008年7月25日の1件の記事

2008.07.25

汗だくの【カレー森林浴】

いつもは肉のカレー以外に4~5種類の豆や野菜料理もするのがパターンでしたが、厨房のない屋外でやるなら仕込みはほぼ不可能。よって今回はカレー団地アジトで80%仕込み、現地で残りの20%を仕上げる手法を構築。これは種類を仕込むよりかは手間隙がかからない。つまり単品に集中できると同時に量もある程度までなら作ることができるわけです。Photo いや~久しぶりにカレーだけを仕込みでした。

作ったのは小盛り(今回の並盛り)でおよそ80杯相当。2種類あって鶏ミンチのカレーが50、もうひとつは友人の焼肉店からもらってきた肉片を使ったビーフカレーで約30。ただし肉片といってもロースかカルビの端や筋の脇なので、まともなロースやカルビよりも味が濃厚。そう、以前沖縄カレープロジェクト時代に散々ビーフは研究していて、肉として重宝がられる部分よりも、その筋裏や脇のほうが味が出ることはわかっていました。

Photo_2

さて当日は朝5時に起床して、プルーンを飲んでうんこをプリプリしてから6時頃いざ出陣。まずはカレー団地アジトへカレーやなんやかんや搬出しにいきます。

管理事務所で借りておいた鍵で裏口を開けて車を駐車。スタスタと部屋まで行って、濃縮カレーと凍らせておいた飲用ミネラルウォーター12L、スパイス一式をもちだす。ブルル~と吹田インターに入ったのが朝7時頃でした。近畿道~西名阪をひたブルル~ン。休憩も取らず今回お手伝いしてもらったAちゃんんちへ行ってお米をおろし、スパイスをブレンドして炊飯。次に今回のキーマンでもあるS君んちへ向かいまたもやお米をおろしてスパイスブレンド~炊飯。朝10時を回っていました。

Photo_3

S君んちから森林公園までは車で15分ほど。森は一杯あるけどやっぱ太陽が大きい三重県だけにこりゃくそあつ~い。さらには水源もなければバーベキュー広場とは名ばかりでそんな場所はどこにも見当たらない一応の広場でしばし僕とS君はたちつくし、お~し、こうなったら一見不自然にも見えるが、この池をまるで流し場のようなイメージで店を広げるか!ってことになり、どうしようもない小さな広場の椅子を作業台として、その隣に持ってきた台車を火元場にしたわけで~~~~す。ダイセイコー!

Photo_4

てなわけで、最初はS君の事務所で2~3人のカレーパーティを開く予定が、だらだらとアメーバーみたいに広がって、結局この日は売上げ22500円もありました。1回の基本が500円で、ほか場合によっては600、800などとしましたが、面倒くさいので殆どの人は一杯500円。ようするに45杯分だしたということです。大半はお代わりしてくれたので、来てくれた人間はおそらく30人くらいかな。いや~、今回の材料費やカップなどの備品代はぜんぶで25000円強。交通費は高速代が往復で6000円ほど、走行距離は430kmだったので燃費10km/Lとして43L→7700円ほどでしょうか。つまりはトータルで売上げ22500円-コスト38700円で16000円ほどの赤字で~す。でも今回はかつてお世話になった松阪の人たちへの恩返しのつもりだから、これでもまったく足りません。ホント彼らはその時代、何の利害関係もなく無邪気に付き合ってくれたし、そして何よりもしがない捨てられ男の心の支えになってくれた人たちだから。言ってみればお金なんかじゃ返せないわけですよ。

もちろん、新しく出会えた方、大阪のお客さんなど、その時代とは関係のない方もけっこういらっしゃってくれて、そういう方々には日頃の感謝の気持ちと、あとはちょっとした猛暑お見舞いって感じです。とにかくカレー森林浴はゲリラもいいところの斬新企画で不安大でしたが、ハッピー度数はいつもと同じくらいあってよかったです。また、やりましょー!

« 2008年7月19日 | トップページ | 2008年7月26日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook