Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2008年11月12日 | トップページ | 2008年11月26日 »

2008年11月23日の1件の記事

2008.11.23

底力と奥行きのある街はどこにある?

店の新天地探索の件。いやぁ、ほんと探すたびに落胆と失望の連続です。「大阪はもうアカン」と絶対に認めたくなかったその言葉が目の前に何度も立ちふさがる。

今回は店舗を構えての個人経営の題、ちょいと難しい話をします。

狭い大阪はどこもかしこも家賃が異様に高い!さらに大阪には保証金制度という怖いシステムでありまして、まずそこから高い。で、解約引きといって退出時に返却されるお金があるのですが、これが昨今はよくて70%~、だいたいは90%、酷いのになると95%というのもあって、わかる人にはわかると思いますが、退出時はなにかと費用が掛かるもの。

ま、これは大家にもよるので一からげにはいきませんが、だいたい退出時にお釣りはないものと考えるのが常識的です。ようするにほぼ全額を払うと考えるべき費用というわけです。

例=家賃12万円の物件として+管理費平均2万円 ←実はここに保証金が乗るわけです。大阪は2年単位なので仮に100万円としたら÷24ヶ月となり1ヶ月4万円強 = 18万円相当/1ヶ月

松阪もそうでしたが東京などは敷金・礼金の制度で、それぞれがだいたい二か月分ずつ、あるいは三か月分ずつですよね。でも、大阪は特に配管、給水、配電等のインフラがあるとその分ものってしまうので、酷い場合は保証金は家賃の20ヶ月分(昔は権利金とも呼んだ)というのもある。

これ黙っていたらそのままとられます。ようするにマケシロ込みの値なんです。ね、大阪はムツカシイでしょ。
だからだいたいは12万/2万/100万なら、うまくいって70万円位までなら下がる。ようは解約率にさわらないところまでは可能なことが多いというわけ。結局、大家の取り分はなんら変わらないということです。

前にも一度話したことがありますが、はっきりいって東京のほうが安価で良質の物件が山ほどある。これ、なぜか東京人も大阪人もなかなか信じてもらえません、断言します、本当です。

もちろんピンは東京のほうがはるかに尖がってますけど、大阪は、特に梅田以北は全体がそこそこで値の張り合いをバブル以前みたいにいまなお習慣的にやっている。それでも、穴場やおんぼろ店舗くらいあるだろ?と聞こえてきますが、そんなものはまずありません。そういう意味では街に底力や奥行きがないんです。僕はこれを「隙」と呼んでます。東京は隙が実に多いです。脇がゆるいです。これは間違いない。大阪の実情は想像とはまったく違います。個人経営者が立ち入る隙がとにかくなくなった。

嘘が大嫌いな頑固な料理人というものはだいたいが不器用者です。つまり、群れを成して、スポンサーを捕まえたり、銀行や行政などに上手を言えないような人が多い。また、そういう人って料理だけじゃなく、お客にも嘘がつけない。つまり執拗に高価な値をつけられないというわけです。馬鹿正直に原価率を同率にしてしまうし、ラインナップにこましな飾りも装えない。それでは、いくら奥さんや娘さん、あるいはスタッフを雇ったとてせいぜい2~3人がいいところ。さらに正直なので客数も限られてくる。ようはいくら頑張ってもせいぜい1ヶ月100万円ってところでしょう。

僕の経験上、その100万円の売上げでは、人は雇えても若手を1人でいいところ。自分の給料は20万~25万円あればラッキーです。しかも、1日だって休めないし、朝から晩まで暇なし、集中力は高めたままだしね。労力的には、たとえばライターと比べると体力的にも精神的にも1.5~2倍はきつい。

そんなだから、全国的にもそうだとお見受けしますが、特に大阪は、個人経営のナイスな店がないわけではないけど基本的には急減しています。このままだとますます味わい深い誠実な経営者はどんどん流出、あるいは消失していくことでしょう。いや、それはもう10年以上前から始まっています。
悔しいです。

今日も数軒の物件をみてきましたが、どこもかしこも不動産屋も大家もみんなみんな上目線。もう十年店子が入らずとも、1坪1万円以下にはなにがあってもしないとか、なにかにつけ値が張る裏づけになる要素ばかりを誇張します。情けなくて最近は返す言葉もなくなってしまった。そりゃもう僕は述べて8年も探してるわけですからね。

とにかく、とにかく!街や人のために一肌脱ごうなんて心意気のある人ガ見当たらない。どれだけ口説こうが、最後は「どれだけ得か?」のオチばかり。

僕としては、少なくとも場所や環境に関してはもう妥協したくないんです。前回(箕面)の失敗の最たる原因は、その僕の妥協でしたから。

こりゃ、新天地はまだまだ時間を要しそうです。いや、ひょっとしたらもう大阪ではやらないかもしれない。そうなったら大阪人よゴメンよ。

茫然自失!
ということで、いつぞや東京ビッグサイトでみた元某クライアント所属のレースクイーンだったネーちゃんの写真でもみて華やかな気分になろうっと!Tokyojomo

« 2008年11月12日 | トップページ | 2008年11月26日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook