Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2009年1月13日 | トップページ | 2009年2月11日 »

2009年2月9日の1件の記事

2009.02.09

浪花どストライク大賞その1(勝手版)

うちのカミさんは東女なので時折東のほうからお友達が遊びにやってきます。そしてみんながみんな初めての大阪ということで、とどのつまりガイドブックの巻頭を飾るようなところを観光したがるわけです。

で、毎回必ず、本当100%出てくるキーワードTOP3が「たこやき」「グリコ」「通天閣」。以下「ばんぱく」「海遊館」「USJ」とこれまた100%そうなのであります。

だからMrコテコテである僕は完全にガイドと化すわけです。ふむ、桜之宮の公園散策から大阪城までの道のり、または森ノ宮駅から城公園を抜けて京橋駅へ抜けるルート、さらには天満の船着場から天井の高さが変わる船で遊覧などと。そういったまず地元人が未体験であるだろうと思われる動く観光も実際に何度か体験しております。

そして、不況なんてなんのその、今なお色んな方々がこの浪花にきては「大阪ってどこへいったらいいの?」と聞いてくるわけでありまして、あらゆる角度から見すぎてスレまくっている自分としては、大阪知らずにはガイドブック的どストライク観光地が不可欠でありつつもやはりハズレのないところへいってもらいたいと切に願ってしまうわけでありますよ。

と、そんなわけで今回は、浪花どストライク大賞、なるものを超私的に挙げさせていただこうかと思った次第です。

ではさっそく勢いよくシャウトしていきまっしょい!

ジャジャジャ~~~~ン!まずは10位からっ!

Naniwa15

「うわぁ~中央線だぁ」「ちゃいますねん、こっちは環状線だす。しかも山手線の3分の2ほどのコンパクトさ。大阪駅を軸にしてだいたい15分圏内でどこへでも行けるんや」「わぁ~安い早い!後はうまい!?」。19駅。1周21.7km。ではちゃっちゃっと9位や!


Naniwa14

「なにこれ!駅なのに木の壁だなんてぇ」「これこそとれたて新鮮な駅中ノ島や。実はぼく京阪育ちやねん。京阪てな5ドアとか自動収納式のベンチとか全国で一番最初に導入した電車やねんで!」。JR京橋、地下鉄御堂筋線や谷町線等各線から乗り換え可能!ででで、8位は!


Naniwa13

「ちんどん屋ちゃうで!その奥の道と書いてるアーケード見える!?あそこが道具屋筋や!かっぱ橋じゃないけれど店の道具ならなんでもあるねん!」「うわ~それじゃ大阪弁コテコテ?」「あったりまえやぁ~。おまけにすぐそこには吉本のNGKホールもある!」。地下鉄、近鉄、南海、各難波駅から徒歩3分。でもって7位へいくど~!


Naniwa12

「みよ、この都会のオアシスを。いつも西風が吹いてて気持ちいいのだ!」「へぇ~梅田の隣というのにこんなに自然が豊かなんだ」「そや!昔は汚れてたけど今はこんなに綺麗なんや」。阪急十三駅下車、R176沿いに徒歩5分。河川敷は広くて散歩に最適!

続いて6位だ!?


Naniwa11

「大阪の都市部は殆どが地下なんやけど京橋だけはいまだに地上派で頑張ってる。それだけ旧きよきものもまだ残ってるということや」「う~ん、大阪ってキタとミナミだけと思ってた。なんだかほかよりこっちのほうが大阪の匂いがプンプンしてるぅ」「環状線で大阪から外回りで3つ目」。

てなわけで5位を!


Naniwa10

「時の?WTC、何回きても何階建てか忘れるくらい高いビルやねん」「う~ん気持ちいいね。向こうに見えるのは何?」「たぶん淡路島とちゃうかな~」「へぇ~大阪ってやっぱり西日本の玄関なのね~」。WTCコスモタワー高さ256m。大きなガラス窓のエレベーターはスリル満点。エレベ内のガイド放送も聞き応えあり。展望台800円。

と長くなって疲れたので今回は5位まで。残るトップ4はやる気があればまた明日ぁ!じゃぁね~~~~~!

« 2009年1月13日 | トップページ | 2009年2月11日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook