Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2009年3月10日 | トップページ | 2009年3月17日 »

2009年3月15日の1件の記事

2009.03.15

蕎麦屋の天ぷら

何もかもが未踏の挑戦、SOGOの準備に目がまわり頭も身体も焼きつき寸前!

ということでその分わずかな時間ではありますが休息もほしくなるわけです。

じゃじゃ~ん、久しぶりの京・丹乃国・拓朗亭(略して亀蕎麦)へ。

こちらは蕎麦はもとより、昔からその軽やかであるのにじわじわと香ばしい天ぷらが隠れ醍醐味でありまして、ここ数年はアナゴの一本天もあったりするわけです。通常、ちょっと副菜をやる蕎麦屋ならどこでも天ぷらはあるものですが、関東の気のきいた店ならその素材の厳選もあればごま油の添加などで色、香り、風味にパンチをつけています。

しかし、関西ではなかなかごま油を揚げ油につかう風習は根付かず、それ以上もそれ以下もなく、よくいえばなんとなくあっさりの、悪く言えばどっちつかずの逃げ腰の天ぷらだと。

そんな中において亀蕎麦にある天ぷら、中でもアナゴ一本天は、見た目は何の変哲もない薄黄色のそれですが、ひとたび口に入れると、粉雪の如し衣が砕け散ってしゃらしゃらと半分だけ溶けるのでありますよ。

でもって二口目にはやっぱり衣が粉雪なんだなと痛感しつつ、三口目には、あれれ、これ臭みがないだけでなくなんとなく香ばしさがじんわりと深いぞ、となって、半分を超えた四口目か五口目辺りで、う~む軽いんだけどやっぱり長く深い香ばしさとなって、後半には結局なんなのかはわからないまま、やっぱり香ばしいぞとなるわけです。

この間、埋めていくのは絡み大根で、ジューシーさとか甘味などといった実はどうでもいいような逃げ口上ではなく、はっきりと過激な辛さが粉雪衣とあいまってナイスインパクト。

いや~サイコー。理由なんていらね。疲れた頭と身体を洗い流してくれる美味しさに感謝です。てなわけで、今度こそ蕎麦ホウトウと思いつつ、また同じものを頼んでしまうんだろうな。

Anagosoba

« 2009年3月10日 | トップページ | 2009年3月17日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook