Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2009年4月13日 | トップページ | 2009年4月20日 »

2009年4月19日の1件の記事

2009.04.19

湘南行脚

久しぶりのブログです。Gokuraku1

実は湘南のとあるところへ行ってました。そこは、あまりにも長い間の憧れであり、尊敬であり、僕のスパイスライフにとっては光の源のようなところです。


Gokuraku2

そして滋味溢れる豆のカレーでもてなしていただき、スパイス茶をいただき、いろいろな話を伺い、たくさんの思いを聞いていいただきました。

で、とても大きな大きな収穫がありました。ずっとずっと悩んでいたあることが解決したからです。それは、スパイスの必殺技とか、インド料理のノウハウなどといった情報ではなく、自分のあり方や進み方といったちょいと哲学的といえばそうだし、マインドというか毎度というか、いやいや、ようするに今後の人生についてです。

森からは鶯の音、苔むす庭には山鳩の姿。時が止まってしまったようで、一瞬にして4時間が経っていました。さてそろそろ帰りましょう。と、そのとき、インド綿のシャツとマフラーのような織物を僕の肩にかけてくれました。

「これから料理をするときは、この服を着ればいい。きっとあなたの一部になってくれるだろうから」

それはまるで皮膚の一部のように、身につければつけるほど体の中に染み込んで来るような優しさにあふれていました。なんだか認定証というか、ゴーサインというか、お守りというか、そんな感じがしました。

帰り、いただいた服とマフラーのような織物をまといながら、湘南の海岸道を歩きました。気持ちが軽くなったせいか、気がつけば4~5駅分も歩いていました。ふと前方を眺めると江ノ島の向こう側になんと富士山の姿が。サイコー!こりゃ僕にとっては元旦のようなもの。ようやく長い冬が終わり新春が始まる感覚です。

読んでいる方々はきっとなんのこっちゃわからんと思います。とにかく、これからの僕はより軽快な歩調となることでしょう。みなさん、あらためてよろしくお願いします(* ̄ー ̄*)Gokuraku3

« 2009年4月13日 | トップページ | 2009年4月20日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook