Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2009年7月6日 | トップページ | 2009年7月9日 »

2009年7月7日の1件の記事

2009.07.07

沖縄、ふたたび③

0701_4 0701_7

朝方、ホテル前のDTSとかいうめちゃ都会的なビルを一人で散策。誰でも知っているようなブランドショップが犇き、3階にはレストランやカフェなどが入るコロシアムが。こりゃまるバブル期のディスコだ~!スタッフも店の作りも、凝ったテラスゾーンも、ぜ~んぶ素朴な沖縄のイメージとはまったく逆の先っちょって感じです。でも、僕は元々夜族のせいか、こういうの嫌いじゃないというかけっこう好きなほうです。スタッフの人に一声かけてから、コーヒーを片手に隅々までじっくりと見て回らせていただきました。

0701_18 でもってその後はいよいよ糸満の市場へ。僕は中学時代水泳部でしたが、その当時、大阪大会で常に上位を占めていたのがイトマンスイミング。って関係ないか。ま、とにかく糸満って言葉の響きには脅威を感じしてしまうのです。

0701_17 お!これはさっきいったそば屋でもでてきた葉だ。ごっつ苦くて目が覚めた。みなさん「ハンダマ」と呼んでましたが、そうか和名ではスイゼンジナというのか。

0701_20 なんと島唐辛子だけの棚があります。ぱっと見で、幅2m奥行き1m高さ50センチくらいのところにぎっしり山盛り。生産者ごと、色や形も違います。クライアント氏曰く「欲しかったらあとで送ってあげるよ!」。やっほ~~~い、ありがたい!!!(後日どっさりと届きました。ありがとうございます!)

0701itoman4 たはは、モズクの量り売りってのも沖縄らしい光景です。山ほど食いたい!!!ずっとズルズルすすっていたい!!!!!(゚ε゚)

今日帰るんだったら多分2kgくらい買ってる感じです。専用の合わせ酢もあり。

0701_21 「奥に魚市場もあるよ」と道筆氏。やっちゃばと魚河岸が併設。こりゃ規模は違えど築地と同じだ~!

あります!しかも7月1日の今日はウニ漁の解禁日だそうです!

0701_24

味見までさせていただきました。シラヒゲウニ、と呼ぶのだそうです。色は薄めのオレンジ色で肉厚だけど味は意外に爽やか。やっぱし市場は楽しいですヽ(´▽`)/

この後、またまた沖縄そばを食べに行きました。毎日3食ずつでもかまわない!ということで帰り道に沖縄そばの博物館みたいなところがあるので寄って行きます。やっほ~い!

0701_32 0701_380701_36_2

テビチもうまそう!

さらにしまんちゅオススメのなぜかスープカレーも追加注文。そうそう、沖縄の人は北海道好きが多いんですよね。

クライアントのスタッフのひとりに宜野湾生まれの美女がいて、この方がおもしろいことに、沖縄そば博物館にきて、ハンバーグ&チーズカレーをオーダー! 「えへへへ。これが好きなんです」。彼女は長身でメロンみたいに小さな顔をしているうえに色白という、どこからみても北系の感じ。でありながらカレーですからね。わからんものです。

さて那覇都心部にある秘密厨房へと帰ります。今回のカレー開発の肝は単にウケを狙ったカレー競争ではなく、沖縄の風土や人が織り成すそのメッセージ性にあります。だから厨房で考え込むばかりじゃなく、さらに単に食べ歩いたり聞きまわったりするのではなく、どこまで島の空気を吸い込み、土に触れることが出来るのかが鍵となります。

かなりイメージは固まってまいりました。明日はいよいよ実制作に入る予定です。

« 2009年7月6日 | トップページ | 2009年7月9日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook