Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2009年7月9日 | トップページ | 2009年7月15日 »

2009年7月10日の1件の記事

2009.07.10

沖縄、ふたたび⑤最終回

0703_2 今朝も快適なジョグでした。雨の予報はまたもやはずれ。ラッキー続きの沖縄カレー研究会の旅となりました。本日で3回目のジョグとなります。今日はいつもより足を伸ばしました。定番となった新都心公園を1周した後、道路を挟んで向こう側にも緑地が見えるのでそちらへ遠征。

いい汗を流した後、クライアントのオフィスへご挨拶に。

0703_18その後、美人社長と一緒にあるところへ出かけます。それは琉球伝統工芸である金細工またよしさんという方の工房。初日に国際通りのガラスショップでまたよしさんの写真を見たからです。なんと、古くから行き着けの大阪・関大前「タンダーパニー」又吉さんの従兄弟にあたる方なんです。左側にいらっしゃる女性、実はこの方がタンダーパニーの仕掛け人でもあります。阪急宝塚線曽根にタンダー1号店が出来たのはいつのことだっけ。カウンターと確か入口付近にテーブルが一つだけ置かれてあるような狭い店でした。

その後しばらくして関大前にもオープン。いまはこの関大前店のみとなっています。彼女は関大前又吉さんの姪にあたります。なんんだかややこしくなってきましたね。がっはっはっは~~~。

ようするに、関大前タンダーパニーの故郷は、ここ沖縄だったということです。縁の力ですね。今回はカレー研究会と個人的なルーツ詣でをかねた旅となったわけです。

0703_37

首里近くの工房にお邪魔して、色々と話をしていただいた後、平和を願う千鳥のネックレスを購入しまいました。なにやら昨日は地元で文化賞の授賞式があったそうな。ご挨拶できただけで光栄でした。やっぱし又吉家はグレイトです!

0703_33 0703_35

工房には仕切りなくお客さんが尋ねてやってきます。そろそろ我々は失礼しましょう。

ということで最後はやっぱり八重山そばを食わなきゃ帰れません。すっかりお気に入りの八重山式そばの店「ジュネ」へいきます。

やっぱ、サイコーです!鰹ばんばんのスープに丸くて細いそば。赤身の刻み肉と八重山かまぼこ。そこに八重山のスパイスであるヒバーチーをたんまりかけます。欲張りなことに、並そばと焼きそばも頼んじゃいました。腹んなかが麺だらけです。店内もブルージーでたまりません。

さて今回も結局、カレーの結論には至らなかったことが心残りです。いや、できばえとしてはよかったんです。これ以上のシンプルな作りはない、というほどシンプルだったと自負しています。しかし、それがゆえに商業化が困難というジレンマも立ちはだかります。ちゃんと作れば作るほど合理から離れていくという現実。やはり、ここが最大の壁となってしまったのです。

0701beef_46 0701resipe_17 Material 0701resipe_37

左側はクライアントが従来から商品化しているレトルトの石垣牛カレー。一番右が今回の作品”X” 糸満野菜の添え物もつけてます。

う~ん、日の目を見るのはいったいいつのことやら~~~。

ジュネでそばを食っていると、ついに雨が降ってきました。それも超ゲリラ系。まるで曼荼羅をかきけす無常の風のような、はかなさと美しさの両方が入り混じった雨でした。

10分ほどして雨はあがりました。空港まで送っていただきます。

「今回もなんの戦力にもなれないまま世話になるばかりで本当恐縮です」

「いーえ、こちらこそ、お付き合いいただいて有難うございます!気をつけて!」

社長はいつも快活。この笑顔だけで迷いが全部吹っ飛びます。その勢いに乗って飛行機も紺碧の上空を爽快に飛んでいきました。

夢の楽園カレー、いつか皆さんにも食べていただけますように!

                                          おしまい

○美人社長からやまとんちゅうの皆さんへ伝言

”映画「さんかく山のマジルー」、きっとおもしろいだろうから見てください!”

« 2009年7月9日 | トップページ | 2009年7月15日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook