Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2009年11月8日 | トップページ | 2009年11月14日 »

2009年11月12日の1件の記事

2009.11.12

11/15「四日市で禁断のカレーライスを」

細かいことがぜんぜん分かりません。

とにかく次の日曜11月15日の午前10時頃から夕方4時頃までやってます。場所は近鉄四日市駅近く、諏訪?公園前のアーケード商店街だそうです。

今回はいつものとはまったく違うもので、そう、ついにカレーライスなるものに着手です。本当はそうしたくなかったのですが、なにやら三重の物産を使わなければならないのだとか。。。そりゃそうでしょうね。

ということで今回はななななんと第二の故郷「松阪産コシヒカリMIX」なり!

カレーはあくまでターリー式(調味料やブイヨン、白砂糖、小麦粉や片栗粉、玉子、魚介などを一切使わず丁寧に手作りすること)を死守しつつ、子供からおばあちゃんまでがきっと食べられるであろう優しいカレーを作ろうと思います。

いかんせん、テーマは「松阪産コシヒカリMIX」ですから。これ、実はターリーにとっては禁断の領域といってもいいです。あくまでライスにこだわってきたことは間違いないのですが、それは他にも副菜や漬物なども含めた盛り合わせスタイル(ターリー)でした。

しかし、今回はおそらく初めての完全ドンブリ方式。すなわちライス&カレーなる日本スタイルなわけです。これは今までのターリーの趣旨のまったく逆の位置にあるものです。

だってそれは日本の美味しいコメのために作らねばならなくなるからです。ライス&カレー(日本スタイル)の核は“おいしいコメ”。これに尽きます。

よって五味が揃ったまろやかでコクのある欲張りな味にしなければいけません。そのために飲食店のみなさんは、いろんなものを入れて苦労されているわけです。

さて、ターリー式がもちもちと腰があってふくよかな甘みのある日本米にどこまで歩み寄ることができるのか!?今回は大きな大きな山であります。

たまたま先日、近所のバイクショップでパーティをしたときに、このドンブリ方式で出してみました。もちろん我がコンセプトは死守。でも意外や意外、みなさんけっこう喜んでくれたんです。(ちょっと自信がついた)

見た目には分からないと思いますが、この手のカレーと少なくとも僕はまだであったことがありません。今回はこれを元にさらなるトライをいくつかしてみようと考えています。

ターリー式のライス&カレー。みなさんもよければぜひ食べに来てください。今回は何かイベントがあるのかどうかは分かりませんが、たくさん三重の美味いものが集まるらしいです。僕個人は牡蠣のことで頭が一杯です。がっはっはっは~~~。

予定メニュー)

ハーフサイズ400円、並800円。

持ち帰りカレー500円。持ち帰り松阪コシヒカリ200円。

ほんじゃ特に三重県民のみなさん!まってます!!!都合がつきそうなら、ぜひ遊びにきてください!

今日は写真がないので昔懐かしい松阪Thali時代のをいっちょ!*みんな信じませんが当時は髪が長いです。たぶん2000年くらいのもの。Thali

« 2009年11月8日 | トップページ | 2009年11月14日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook