Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年1月22日 | トップページ | 2010年1月30日 »

2010年1月29日の1件の記事

2010.01.29

India reportage ③

みなさん、ご無沙汰してました。昨日の早朝、無事に帰国いたしました。

向こうから何度もブログにトライしたのですが、デリー以外のネットカフェ(カフェとはいえないおんぼろ小屋ばかり)では想像以上に古い機種ばかり。しかもソフトをとことん突っ込んでいたり、おそらく回線が貧弱、おまけに日本語ランゲージは皆無、などの理由によりほぼ不可能。よって途中から旅に集中するようになったわけです。

ええ、もちろん語りつくせません。ひと言で言うと「行ってよかった」。たかが4ヶ所を巡っただけで大きな事はいえませんが、今回のインドの印象はこうです。「すべてが自律した国」。

言い換えれば、主体性がないとどんどん置いてけぼりになるというかぼろ雑巾になるとうかアホになるというか、そんな感じです。躊躇や迷いはあってもその隙を見せたら最後。ピラニヤに食われて骨だけになってしまいそうです。

詳しいことはまたの機会にしますが、あれほどどうでもいいと思っていたインドに対して僕の中でひとつの答えがでました。(まだ小さな答えですけど)

とどのつまり、僕はインド人に興味を持っていた、ということです。インドという国よりもそっち。料理は大きな大きなカードであり、またそこに至る重要なプロセスであることに気づきました。

だから今回はずっと知人の家にお邪魔してるか、近くのホテルに泊まっていたか。とにかく毎日毎日誰かとずっと一緒でした。僕にとってはタージマハルやビーチサイドよりも、彼ら彼女らと合うことのほうがなによりもの観光でした。

う~ん、長くなりそうなのでやっぱり別の機会にします。

ひとまずしばらくはインドのルポルタージュを何回かに分けてお届けしま~す!

Chicken_biryani_s Chili_chicken_s Cigarette_shop_s Curd_rice_s Spicejet_s

« 2010年1月22日 | トップページ | 2010年1月30日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook