Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2010年2月5日 | トップページ | 2010年2月10日 »

2010年2月7日の1件の記事

2010.02.07

India reportage ⑨

今回は食べ物の話です。といってもとても語りきれません。

ええーっと、思いつくままイッちゃいます。

まず一つの結論として感じたのは、自信がついたことです。いや違うな~。それはちょっと偉そうな感じもする。こういったほうがしっくりきます。とても安心した、と。

なんじゃそりゃw(゚o゚)wってまぁ流してください~。

ここ数年ははまっているものの一つにサモサチャートがあります。これは日本ではまだまだポピュラーではないかもしれません。でも、日本人の多くがきっとはまると思います。巧みなんだけどシンプル。あっさり味だけどじんわりと深みもある。

今回面白かったのは、これを売るファーストフード店があったことです。その光景はとても衝撃的でした。だって近所の女子大生がみんなうまそうに食べてるんだから。立ったままの人、座って食べる人。みんなプラスティック製のスプーンでもぐもぐと。

これをめちゃめちゃインドらしいなと思うのは、とにかく多様なパターンをなしえることです。今回でつくづく感じたこと。それはインド料理自体が創作料理の世界だということ。基本あれどストイックな締め付けはない。

逆に言えば、永久的にアイデアが広がるってことは、いまそこにある料理がいかに完成度が高いか、も意味していると。

またまたなんのこっちゃ( ´_ゝ`)ですか。すんません。私的にはそのことがかなり感動的だったんです。元々そうなんだろうなと感じていたことですが、今回でそのことが明確化したというわけで。

ま、ややこしい話はいいですか|゚з゚)

ほか、ベンガル湾の魚のフライ。ポテトサブジをパンではさみベスン粉(チャナ豆の粉)で揚げたスナック。多様なドーサ類。茹でたてのピーナッツ。おまけにバスマティライス(インディカ米の一種)のチャーハンなんてのも。

Panpotate Fridrice Masala_fish Dosa_2 Boiled_nuts Samosa_chart

« 2010年2月5日 | トップページ | 2010年2月10日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook