Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2010年4月9日 | トップページ | 2010年4月17日 »

2010年4月15日の1件の記事

2010.04.15

手がものをいう蕎麦屋

先日久しぶりに陶芸工房へ顔を出しました(゚ー゚;

前に形成した小皿やターリー皿がようやく焼きあがったからです。まずまずのでき。ただひび割れているものもいくつかあり、その原因は「土の練りが足らない」とお師匠さん(`ε´)

ちまちまやってたんじゃ水分が飛んでつながりが悪くなるし、焦ると練りが足らない。こら、まるで、僕で言うチャパティやサモサの生地で、お師匠さんの言う蕎麦と同じわけですね。

ええ、僕に陶芸を教えてくれている方というのは、実はお蕎麦やさんなんです。兵庫三田のそのまた奥。立杭焼きで有名な今田町(こんだちょう)のすぐ南に位置する山中に店があります。店名は「権二朗」。

メニューは生粉打ちの蕎麦。きりっと冷えているのになぜか風味がある。蕎麦切りもとても丁寧で長さも幅もよく揃ったタイプです。今ではすっかりグルメ本の常連店ですね。

この蕎麦を食べるたびに、店主の小脇さんの練る土を思い出します。ぎっしりと身がつまり噛んでもすぐに切れない食感をコシといいますが、まさに腰を入れないと手中にある生地もよく練りこめない。

だからちゃんと腰を入れて練ってない生地は、ぼつりぼつりと切れてしまうし、食感もなんだか頼りない。そして不思議と風味も弱弱しくなってしまう。本当陶芸と同じなんですね。僕の作品はまさにそれなんですヾ(´ε`*)ゝ

僕はブログで外のお店の話は殆どしませんが、つくづく店主小脇さんのハンドパワーは凄いなと感動しまして、つい。みなさんももし機会がありましたら、蕎麦の色、艶、風味、食感。そして青磁の皿。店主小脇さんが焼いた器などを体感してみてください。

いいものをお腹一杯に感じ取ることができます。

「権二朗」・・・・兵庫県三田市大川瀬886-2  15時まで 水曜休

"てんぷら"や"おろし"も迷いのない歯応えや風味で絶品です。

10 6

« 2010年4月9日 | トップページ | 2010年4月17日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook