Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2010年6月22日 | トップページ | 2010年6月25日 »

2010年6月23日の1件の記事

2010.06.23

取扱店ニュース!

みなさま!速報です。ニュースです。トピックです。

なんと、スパイスジャーナルがついに書店で買えることになったのです!

こんなに箍が外れた、いや桁が外れた、諸行無常の非合理商品を、扱ってくださるその勇気ある書店様とは、なんとなんと修学院や鞍馬と肩を並べる京の文学沿線の核心であります一乗寺の、恵文社一乗寺店 様でございます!さすがとしか言いようがありません。

ビルの1階にお店があるのですが、向かって右側の「生活館」と呼ばれるエリアで扱っていただくことになりました。既成概念にとらわれることなく、書店スタッフの方々独自の感性と目利きによる多様なラインナップが魅力的です。均質化と合理化あるのみのこの時代において、まったく逆方向のオリジナリティを具現化している希少なゾーンではないでしょうか。

これほどありがたいことはありません!実に光栄であります!

さらに嬉しいことに、まもなくオンライン書棚にも並べてくれるそうな。

単体販売で1冊300円の税込。梅雨時なのでビニールパックに入れて胡椒を防腐剤代わりに入れております。ラッキーな人は沖縄産のコリアンダーが入っているかもしれません。さすれば甘い香りがあなたを包んで離さないことでしょう。

現在はスターティング記念として00号と01号のセットをおいてもらってます。2冊とはいえA5サイズなのでテイクアワェイはらくらくです。

でも中身はしっかりと骨太です。なにせ7人のプロ侍が必死のパッチで1ヶ月かけて制作したものですから。それがコーヒーより安いんですからね、絶対にお買い得です。

本物のスパイス通。とにかくスパイスライフを楽しみたいという女性たち。日常的で美味しいスパイス料理をと意気込む主婦軍団。カレーが大好きな男性諸氏。読書好きの男女年齢をとなわない方々。そしてたくさんの外国人からも「こんな本を待っていた!よくぞやってくれた」などとメッセージをいただいております。

本当に山ほどのお声をいただき、嬉しいやら、こそばいやら、有難いやら。

ますます気を引き締めて、これから取り掛かる所存ですので皆様今後ともどうぞよろしくお願いしますです!!!

現在次号の構成を煮詰めているところです。諸事情により、来年の春からやろうと思っていた企画を、緊急前倒しで今回の核とします。どうぞご期待ください!

Dscn6213 

写真は沖縄のハーブ農家Oさん家からやってきたカレーリーフの子供です。もちろんウチナンチュー。来たばかりの時はちょっと人見知りしていたのですが、その後温めたり、リーフをさすっているうちに元気になりました。ようやく我が家の家族の一員という感じです。スパイスジャーナルともども平和な香りを一杯広げていってくれよ~

« 2010年6月22日 | トップページ | 2010年6月25日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook