Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年9月15日 | トップページ | 2010年9月17日 »

2010年9月16日の1件の記事

2010.09.16

SJ(スパイスジャーナル)+cT(クラブターリー)

Spice Journal 略して SJ 

club THALI 略して cT !

たまに、これなんのこと?って言う人がいるのであらためて解説させていただきました。

で、この二つの関係っていったいなんやねん? はい、続きましてご説明を。

まずこれらは二つともスパイシーです。あ、辛いぞ!ってことじゃなく、いろんなスパイスを扱ってきたし、いまもそうだし、それにまつわることを国境にこだわらず研究し続けてきています。それを具体的に調理したり、実験したり、実際にクライアント様とやりとりしたり、開発したり、スパイスの管理や調合したり、もちろん皆様に食べていただいたり、一時期は料理教室をしたり、そのような現場部門が「club THALI」です。

前進は三重県松阪市(1998年頃)でやった小さなインド家庭料理食堂ともいうべく「THALI」です。ここで味と銭にうるさい、かつ話題が豊富で遊びが上手、おまけになぜか美人が多いマッツァカ(松阪)人たちによって、いじくりまくっていただき、数々のインドベースのスパイス創作料理が誕生したわけです。さびしがりの僕は毎夜毎夜、気を紛らわせるかのように新しいスパイス料理をノートに書き連ね、翌朝再びご飯のスイッチを入れ、また3~4種類の日替わり料理に反映していくという生活でした。

その後、なんやかんやとありまして、いろいろと縁のある箕面の片隅で、こんどはもっと広く深くスパイス料理の研究をすることと、記録すること、人とコミュニティしていくこと、さらに全国各地のいろんな生産品を使った料理を開発していくことを中心に、それまでやってきていた雑誌や広告などの執筆や企画の仕事を併行していこうと、キッチン&オフィスなるスペースを素人なりにデザインしてみて創り上げたのが cTこと club THALI です。ですから店ではないわけです。一応みなさんにも味見していただこうという考えから、日曜のみ数量限定でご試食していただき、その参加費用として1人1000円。はい、それがたとえ最高級のロース肉であっても。あくまで研究所ですから。

で、またその後もなんやかんやで、こんどは本という形でもっと広くの方と分かち合っていこうという目的で創り上げたのが SJこと Spice Journal です。

このサブタイトルは「スパイスが紡ぐ味と人」。つまり、出会いの感動をアルバムしていくのが目的です。だから中身はエッセイやちょっと笑える研究記録、ヨーガ、クッキングなどで、すべて「動」を軸にしたものばかりです。

でも、今現在はSJが盛業中で、休業しているわけではないけれどcTのほうは静かに進行中となっています。このことで本当たくさんの方々にもどかしい思いをさせてしまっています。あ~つらい(´・ω・`)

一日でも早く、cTの再開をしたいと、ずっとずっと思い続けては、暇があれば情報収集や場所探しに出かけています。本当、箕面で始めるときも4~5年かかりましたが、今回もまた1年ほどたってしまいました。で、そんな中、イメージだけでも日々こつこつと温めています。

前回の反省から改良点をいくつか。ニューcTでは、もう少しお客さんの方に向いた内容にしたいと思っています。材料の開拓はほどほどにして、スパイス料理の構築は以前通り積極的に。そして・・・はい、みなさんの声が耳にこびりついています、もう少し便利な場所でね、はい(*´σー`)

とてつもなく言われ続けていました。「ここは一度きても二度目がしんどいね~」

がんばります。どっか便利な場所を。

あと、たくさんの方からリクエストをいただくのが、スパイスとその料理法を教えて欲しいというお話です。これは昔からたくさんありましたがその当時は店や他の施設で料理教室という形で対応できていたのですが、いまはその場所もきっかけもなく、でも一方ではこの1~2年なぜかそのリクエストが急増中で、これは一刻も早くどうにかしなきゃ~って。

ほんとう心苦しいです。やはり現場が不可欠なのだと確信します。みなさま、もう少しだけお待ちいただけますか。一刻も早く、具体策をとりますので。何卒よろしくお付き合いください(◎´∀`)ノ

« 2010年9月15日 | トップページ | 2010年9月17日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook