Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2011年1月1日 | トップページ | 2011年1月8日 »

2011年1月7日の1件の記事

2011.01.07

シャバアーサナって知ってますか?

昨日、スパジャー04号のヨーガのページをまとめていました。

今回は2010年度版の最終記念号の祝いとして、ミナクシ先生によるヨーガとは何かのレクチャーが前半に入ることに。でもってミナクシ先生が書かれた原稿と写真を整理して、へとへとになって編集ミスター出町に投げますと、「う~む、なんだか大学の講義と同じように感じますね~」。

おいおい、大学の講義ってなんだ!?俺は大学に行きたくしょーがない人間なんだ。だったらそれはサイコーな話じゃないか!と思ったのですが、ミスター出町はこう続けます。

「特にこの、ヨーガの技術には6つのカテゴリーがあって、それぞれ”プラーナーヤーマ”とか”アーサナ”とか・・・、これが一番わけがわからないんですよ」

そうか、そうだな、確かに。僕は昔ちょこっとヨーガをかじったことがありますので、こういったインドの山奥でんでんカタツムリンゴは♪・・・(あ、古いですか)な言葉は耳にしたことがありましたけど、知らない人からすれば、ちょっと頭が止まってしまうような感じですね。

でも、いろいろとあるようですが、少なくとも僕が経験したヨーガとは、かなり簡単なものでした。テーブルの向こうの人にお茶を渡すような格好をしたり、小学生の頃に流行った「カンチョー」みたいなポーズで片足立ちしたり、四つんばいになって猫みたいに背伸びしたり。

ダイエットとか、柔らかさを競争したりとか、そういうハードなものじゃなく、その逆で自分が一番気持ちいいところでとめる、というものでしたね。だから僕の場合はやればやるほど、近くの人を好きになってしまう。ってもっとわけがわかりませんね。

ヨーガとは身体と心の統合であり、自己を知る旅である。らしいのですが、たぶんまた僕の勘違いの可能性がありますけど、ようするに自分を開放していく作業ではないかと感じました。自分を許すというか受け入れると言うか。だからいい面だけでなく悪い面にも直面します。

人によっては眠るやつもいたし、咳やしゃっくりをしだす人もいました。中には泣く人、機嫌が悪くなる人もいたり。

僕が最も好きだったポーズはシャバアーサナというやつです。両手を上に向けて、手足共に軽く開いた格好で仰向けになる。これ、なにやら死のポーズらしいのですが、サイコーに気持ちいいのです。というか90%寝てしまいます。

「寝ちゃダメですよ~。目覚めながら目を瞑ってくださ~い」なんて言われましたけど。ま~疲れている自分を解放しているのだと言う理由で毎回寝続けるわけです。いや、しかし冗談じゃなく、本当に疲れが吹っ飛ぶからやめられない。家で寝てるのとはわけが違いました。不思議です。

クラスも終わって、みなさん歓談してたり、帰って行く人もいたりして、そこで目が覚めるんです。あれ~ここはどこだ~?と。で、不思議となんだこのブス!なんて思っていた人がとても美人に見えてきたり、めちゃ甘えたくなったり、なんというかとにかく僕は惚れやすくなる。

ね、ヨーガって気合入れるより、気合抜いたほうが楽しんじゃないかって思うわけです。

« 2011年1月1日 | トップページ | 2011年1月8日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook