Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2011年3月6日 | トップページ | 2011年3月13日 »

2011年3月10日の1件の記事

2011.03.10

松阪でミソにまみれてメンチカツで仕上げ

久しぶりの心の故郷へ帰省。

どうでもいいようなバカ話ばかりで胸の痞えが取れました。

やっぱり故郷と思える場所があるというのは助かります。

今回は肉ばかり食ってました。といっても昼は鳥ですけどね。松阪では牛があまりに存在感を誇るため、鶏肉を売る店が意外に多くあります。精肉、串に打った焼鳥、そして今回の鉄板の焼鳥。

ガスコンロですよ。中部圏らしく赤くて黒いミソ。(僕の場合は、夢中になるため写真を撮り忘れます。だから想像してください) これが鶏肉にまとわりついている。いや、ミソに漬かっている。しかもごっつ甘い。

でもってミソまみれの鶏肉をただひたすら焼いて食べるだけです。糖分が多いから鉄板の上はすぐに焦げ付きます。どうでもいいのです。そのまま箸の先でごりごりと剥がしながら、再度つけダレ(これもミソ!)につけてご飯と共にスピーディに平らげていくのです。こげるのが早いか、摘むのが早いか。

これがご飯もビールも止まらなくなる。どれだけ食欲がなくても魂が蘇生します。がおっ~~~leo

実は多くの松阪人(と書いてマッツァカ人と発音します)が、このような鉄板の焼鳥を愛しています。牛ほど胃にもたれないし、安いし、うまいし。お昼からやっています。松阪の常識です。肉を食べさせる店は昼も夜も営業。

夜は夜でいきつけのハンキードゥリーでミンチかつ。こちらは松阪牛?ミンチ。がっちりと肉の塊です。衣が小さなパン粉で薄くてクリスピーでうまかったな~~~

これが定食で1280円ってどういうことだ!?

最高に幸せでした。と同時にちょっと血圧も上がった気がする。鋭気を養うというのでしょうか!?

« 2011年3月6日 | トップページ | 2011年3月13日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook