Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2012年11月17日 | トップページ | 2012年12月17日 »

2012年12月15日の1件の記事

2012.12.15

あっぱれ富士山!

いやはや、お久しぶりです!

気がつけばもう今年も終わり。怖いですね本当に。

生きるほどに時間が進むのが早くなる!

きっと人生が充実しているからだと自分に言い聞かせています。

ここんところ、いろいろありました。

中でもこのお話を。

それは47歳になってようやくといいますか、初めてですがオフクロを旅に連れて行ったことです。彼女もこれまた気がつけばもう77歳。

昨年が喜寿とのことで、それを僕が知ったのは今年の10月。

我が父親は、僕は中学2年のときに突然この世を去りました。それ以来の33年間、よくぞここまで元気で生きてきてくれたものだと、その祝福をと思い、先日静岡まで行ったのです。

オフクロの実家はもうとっくになくなっていますが、静岡市の安東というところだということが今回ようやく判明。みんな信じられないようですが、本当に僕ら兄弟はオフクロの出所を知らずに今日まで生きてきました。

しかし、それ以上の詳細は不明のまま。5人姉妹の4女として生まれ、今でも付き合いをしているのが名古屋に住む5女で、この人もまたオフクロと一緒で過去を振り返らない性格。

でも、こんなオフクロでも、ただ唯一明確に口にしたのが「浅間さん」でした。これは富士山を神とした静岡の氏神さんです。徳川家康もゆかりがある神社らしく、静岡人、とくに駿府人にとっては誇りであり、アイデンティティのようなもの。

今年の夏、1女がついに90歳を迎え、浜松北部の老人ホームに入り、そのときの帰りの新幹線の中で「浅間さんだけはもう一度いってみたい」とぽつり。

本当、オフクロの過去の一部を垣間見れた気がして僕はとても嬉しかったのです。

もちろんそれ以上は忘れたのか、思い出したくないのか、とにかく何にも口にしません。でも、そのオフクロの過去に関する唯一の神社名だけを頼りに、僕は近いうちに浅間神社へ連れて行くことを決意。

それが12月上旬の静岡旅行だったのです。悔しいかな、何十年も前に折った背骨がどんどんS字型になってしまっていて、オフクロは長い時間歩くことは出来ません。

だから、僕はワンボックスカーとかいう大きな車をレンタルしてまいりました。僕自身が今時の車をまったく知らないので、扱いには大変困りましたが、これでなんとかオフクロを運ぶことに成功。

最初は静岡駅近くの蕎麦屋で桜海老の掻き揚げや、天丼などを食べました。

その後、今度は新東名を経由して富士市を走る。

行き先は富士山をどか~んと望める休暇村へ。うちのバカ犬クロも一緒だったのでコテージ泊。2泊3日の旅で、ずっと曇天か雨の予報でしたが、そりゃもう奇跡かと思うくらい終始大快晴。しかも今年いちの寒波の到来もあって、見事な雪化粧も見れました。

最高です。

帰路、オフクロは本当は疲れていたのだと思いますが、頑張って起きていました。起きているものだから僕は気を使って何度もSAへ休憩イン。

結局5時間がかりの道のりでした。

Sdscn1420 Sdscn1388 Sdscn1165 Sdscn1258


親孝行というのもいいものですね。




« 2012年11月17日 | トップページ | 2012年12月17日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook