Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2013年2月6日 | トップページ | 2013年3月6日 »

2013年2月24日の1件の記事

2013.02.24

遠いスマホへの道

本日は久しぶりにどうでもいい話をしたいと思いますヽ(´▽`)/

おいら、なんでもいいからあの平べったくて画面がでかくて、指でなぞるだけでよくて、ネットがばんばん見れて、メールもらーくらくで、写真も綺麗な、スマホに換えたくてしょうがない派でございます。

なんで「派」かというと、どうやら世の中には「スマホなんていらねー派」というものが存在するそうな。

つまりそれは、スマホが嫌い、という人がけっこう多くいるのだそうです。

で、ここからが問題。僕がどうしたってこうしたってなかなか古い携帯から換えないのは、この「いらねー派」だという前提で話を振ってくる人が多いのなんの。

「なんやまだ買い換えてないの!?だからスマホはいいよっ、あーでこーで云々!」。そしてだいたいはこう続きます。

「だから、FBはいいって!そんなん偏見やんっ。まさかの人との再会があるし、ビジネスにも効果的だし、いろんな人の生の声が聞けるから、だからええって、わかるっ!???」

何のことかと思えば、フェースブックの略なんですね。俺もFBやってるっちゅうねん。

こういう話を何度も何度も聞かされると、さすがにこちらももううんざり。せっかく「換えたくてしょうがない派」だったけど、もう嫌になりそう!

でもね、相当に鈍感といわれる僕でもだんだんわかってきたのですよ。だから頑ななまでに否定する人が多いことが。

どうでもいいことなんですけど、最近は携帯・スマホのこと以外でも、やたらとこの手の、妄想を前提とした話の降りかかりをする人が急増している気がします。

これはなかなか面倒なのであります。だって、こちらは相手を直視していても、相手は完全に思い込みから入っているから。

前提をまず変えてもらう必要がありますが、これがまた面倒で。なにせ思い込みですからね。

情報機器だけに依存しているわけではないにしても、実状はそれを交流の軸にしてしまうとこうなるのでしょうね。こわいこわい。

日本のように、隣近所との距離が近いくせに普段から目を合わせないような暮らし方をしているとやっぱやばい。

きっとそういうことに気付いている人も多いだろうから、ひょっとしたらまた近い将来、もっとべったりと、こってりとした人付き合いをする時代が来るのかもしれませんね。

わずらわしいことが多いだろうけど、やっぱり人と人との距離が近いということは僕は財産のような気がします。

ま、こういうと気取って言ってるように思われそうですが、つまりは言葉よりも人の温もりを肌で感じていないと僕は生きていけない、ってわけです。

それだけのこと。

こういうことを日に日に感じるようになってから、ますます店を作りたくなっていきます。

でも、悲しいかな、こちらもまた日に日に変化していて、小箱(個人が経営するのにちょうどいいサイズと家賃の店舗)がとにかくどんどんなくなっていく。

選択肢がなくなっています。きっと僕の知らないところでは、あまるほど空き店舗だらけのエリアもあるかもしれませんが。

でも、それは現実的じゃない。僕の現実はせいぜい片道30分の距離。電車でもバイクでも車でもよし。

それでも見当たらないというのはいったいどういうことなんでしょうか。家を引っ越すほかないのかもしれません。

でも、そこまで犠牲を払ってやるに値する場所があるようにも思えない。

僕はまだ書庫や編集室をかねてやろうとしているのでましかもしれません。本気100の人などはかなり八方塞状態になっているようです。

ある不動産業者などは、「景気が悪いことを理由に、就職先もないので、赤字でも現状を死守しようとして店がでていかないのが原因だ」などと平気で言いふれている人もいるくらい。

酷いことを言うもんだ、と思いましたが、それくらいバランスが崩れているという意味だと思います。こりゃ僕の自律神経とおんなじだ~。

というわけで、またそのうちどうでもいい話をいたします。

あ、そうそう、スマホの話。実は僕はもう3度も携帯電話屋さんへいってます。しかし、いつもおんなじところでつまずくのであります。

で、次また行ったときには、その何でつまずいていたのかを忘れてしまっているという最悪のサイクル。

3日前に行きましたから今日は覚えています。それはなんとかスマートバリューというのを利用するかどうかということ。

これはケーブルだかなんだかそんなんで、家のネットと電話もなんとかで、どうにしかするとちょっとだけ安くなるよ、ってもの。

で、うちのことは200%カミさんが権限を持っているので、彼女の暇なとき、しかも機嫌のいいときにその話をしなけりゃいけない。

で、その日がようやくやってきても、現状が誰にもわからないので、何も調べようがない。そう、我が家はどこの何の電話とネットを使っているかがわからないのです。

僕よりもカミさんのほうが頭はいいのですが、そのカミさんも忘れているほどなのです。この家に入るとき、そういえばごちゃごちゃと細かいことをやりました。

で、プロバイダーを換える事が不可能だとかで、一度マンションの自治会で問題になったとかなってないとか。。。。。。。。。。。。。。。。

はい、こうして消えていくのです。それを調べるだけの暇がない。

こっそりとひっそりと、いつのまにかそうなってる、なんて商売の仕方がまかり通る昨今。我が家のように、人の顔を見てしかコミュニケーションが取れない人種にはとても生きにくい世の中になってまいりました。

おしまい

« 2013年2月6日 | トップページ | 2013年3月6日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook