Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2013年4月14日 | トップページ | 2013年5月6日 »

2013年4月20日の1件の記事

2013.04.20

4/25 pm7~ 『松阪のカフェ・ハンキードゥリー×club-THALI』

やってまいりました!というかずっとリクエストを頂いていた方々へはかなりお待たせしてしまいました。すみません、相変わらずミスター雑用で反復横とびの毎日です。

来週の4月25日木曜日、夜7時より、支度してお待ちしております。

今回はスパジャープレゼンツということで、カワムラより取材レポートもお届けする予定。早い話がスパイスジャーナルのライブ版です。

といっても時間も人手もないので、せいぜい1時間もお話できればいいところと思われます。でも、お伝えしたいこと、きっと皆さんが知って興味をもたれることではないかと。

今回のテーマはずばり「沖縄と大原農園」さんです。

大原農園とは、正規でアジアハーブの栽培と流通を手がけた先駆者的な存在の方。普段は西洋系のスイートバジルがメインなのですが、その傍らでアジア系の様々なハーブにも着手。

流通経路やニーズの様態、またご自身のポリシーとコストのバランスを伺いながらの手探り運転。

これらのハーブが日本で栽培することができるという事実と、無謀にも挑戦してしまう大原さんの心意気、そしてコストや流通の壁という開拓者ならではの苦しみ。いろんなものが複雑に絡み合って今日に至っています。

普段、僕が使っているカレーリーフはすべてこの沖縄の大原農園さんのもの。今ではうちのベランダに5本のカレーリーフがなっています。

他にもいろんなモノがあります。フーチバ、らっきょう、ボルトジンユ、ミント類、ヒバーチなどなど。

また沖縄原産とかモノめずらしいものだけでなく、一般的な野菜にも興味が湧きます。

沖縄という場所は本州とはまったくリズムが違います。旬は冬。つまり本州の春や秋と同じような状況ということでしょうか。

さらに質感もまったく違う。いや、もちろん、自然物ですから一概には言い切れません。多様なのが本物の野菜です。

しかし、全体として精力を感じます。

また土はもとより空気も水も違います。

今回は、これらを少しでも感じたい、というのではなく、お伝えしたい、と思うわけです。

だから、ジャーナリストとしてもみなさんと交流させていただければと。

ただ、いかんせん、松阪のことですから!?(沖縄ほどじゃないけどユルイです!)、予定は未定。希望としては8時半にお話を始めたいと思いますが、さてどうなることやら。

大原さんたちの写真ももっていきます。もちろん畑やハーブ、沖縄の情景なども。

みなさん、ぜひ遊びにいらしてください。

今回はスペシャルプライスとして、おそらく1400円くらいのまま。講演費等はありません!心の故郷ですし、ずっとお世話になっている場所だから。

量に限りがあります。せいぜい40人分。ですのでどうぞご予約をしてください。

カワムラまで clubthali@gmail.com

大原農園については スパジャーvol.04 または「職人味術館」まで

では!

04252013

« 2013年4月14日 | トップページ | 2013年5月6日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook