Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2013年5月6日 | トップページ | 2013年5月22日 »

2013年5月17日の1件の記事

2013.05.17

【コウベグロサーズ】

神戸にお住まいの方ならご存知の方も多いかもしれません。

輸入食料品店の「コウベグロサーズ」さんです。

今年の春から、我がスパイスジャーナルをお取り扱いいただいています。

とまぁここでスパジャーのPRをもっとすべきなんでしょうけど、何が一番言いたいかというと、こちらのお店は楽しいのです!

とにかく商品のバリエーションが幅広いし、奥も深い。世界各国の食料品が揃っているわけですから。見ているだけでも世界一周のドリームがわいてきます。

場所は三宮各駅から生田神社あたりを北へ登り、中山手通を越えたすぐのところにあります。

目印は、関西の南インド料理の草分け的存在である「マドラスキッチン」、あるいは神戸の美しい女性が集う?神戸女子大学大学院、そしてインドモスクも近いです。

ね、目印をいってるだけでもドリームがわいてきませんか?!

とにかく、そんな場所柄もあってか、やはり客層は外国人や料理人が多いようです。

でも、今の時代、多くの人が自炊をし、料理の趣向が多様化し、いろいろと専門的なことを掘り下げていく派も多いようで、そういうかつての一般層の人にも絶対に楽しめると思います。

あんまり褒めると贔屓にしていると思われそうですが、そんなことはありません。

というのも、意外にこういうお店って入らないことないですか?仮に入ってもたくさんモノがおいてあるし、他の店との差異がわかりにくくて、いったいどう感じていいのやら、って。

だからきっかけが大事だと思うんですよね。

ええ、ぜひぜひ、行ってみて下さい。本当楽しいですから。スパイスもブランドがどっさりとおいてますよ。もちろん業務用です。でも、サイズは一般向けのものもたくさんおいていて、その辺も魅力。

わからないことはちゃんと教えてくれると思います。勇気をだして声をかけちゃいましょう。だって、それこそが街の店の存在価値だと思いますし。

各ブランドの傾向や、オススメのラインナップ。インド系はもとより、東南アジア一帯、中近東、南米、アフリカ、地中海一帯、中国もあります。さすがの神戸という感じがします。

僕もいまだにたくさんの発見があるし、いっぱい勉強になることがあります。スパイス問屋やレストランでは、ある一定のラインでの話しになってしまうものですが、街の店はやっぱり我々一般庶民の駆け込み寺。

裏がなく冷静で幅の広い話が聞けると思います。マスコミの方も、もし専門料理の食材の知識や深みを取材したければ、こういう店を訪問してはいかがでしょうか?

どこかの先生や評論家の話よりも、こういう現場人は半端じゃないです。ええ、これはおべんちゃらじゃないです。昔の魚屋や八百屋のおっちゃんみたいなもんです。

毎日手に触れ、料理人や外国人の客と交流し、また一般主婦や料理が趣味の人を相手にしているわけですから。ここは現実に最も近い場所なのです。

僕は20年以上もの間、ずっとあちこちの輸入食料品店へ行ってますが、こちらは本当に楽しさいっぱい!神戸山手散歩のついでにぜひ!(デートにもいいかもですぞ~~~!)

__ 

友人のヒサシ君がいつのまにか僕入りの写真を撮ってました。


S20130515t212045_4

ブランドによって得意なスパイスがやはりあるようです。


S20130515t212045_5
レジ横の棚に我がスパジャーが一式ずらり。(追加分は本日5/17発送済み)

« 2013年5月6日 | トップページ | 2013年5月22日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook