Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2014年3月23日 | トップページ | 2014年4月10日 »

2014年4月7日の1件の記事

2014.04.07

【 THALI 】と【club THALI】

あらためて【 THALI  】とは、そして【club THALI】とはなにか?について語りたいと思います。

1998~2001年、カワムラが三重県松阪市でやっていたインド料理屋の屋号を【ターリー(THALI )】といいます。

当時の日本は、インド料理、スパイス=カレーありきでした。でもカレー以外にもたくさんおいしい料理が存在し、それはきっと日本人も気に入るに違いないと僕は勝手にそう確信していました。

そのカレー以外の数々の料理を体験するのに、日本人にぴったりだと思えたのが【 THALI 】だったのです。【 THALI 】とはインドの定食の意味。主に北インドの呼称で、地域によって内容も違い、大衆的なものから高級なものまであります。

よし、この誰も知らない言葉を屋号にしてしまおう。というわけでこの店名にしたのです。

それまで【 THALI 】を出す店はあったとしてもインド人が経営するごく一部の店だけで、2000円以上もする高価なものばかりでした。どうしたらもっと気軽にできるのか。その打開策として考えたのが、こっちの都合による日替わり料理作戦でした。

幸い、当時は名古屋に住む親戚が無農薬栽培の畑をやってたし、三重県はおいしい野菜も豊富でした。これらの野菜とインドの豆などの素朴な料理をたくさん作り、少数選択式にすることで1000円以内の庶民価格が実現できたのです。

当時はかなり変人扱いです(笑)
なにせインド料理屋なのに、カレー以外の料理のほうが多いわけですから。それに【 THALI 】なんて言葉は殆ど知られていないし、まさかの値段だし。

今でこそ日本にはカレー以外の料理を出す店が増え、さらに周辺諸国の料理店もばんばんと出現しています。【 THALI 】という言葉もかなり知られた感じを受けます。

いろんな事情があって店をたたみ、大阪へ戻ってきたのが2001年のこと。僕の心は今でもあのときのまま。そして今の自分があるのは松阪【THALI 】、そして愛してくださったお客さんたちのおかげです。

その店以外での活動については【 club THALI 】と名付けました。

というわけで、どうぞよろしくお願いします!

« 2014年3月23日 | トップページ | 2014年4月10日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook