Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2014年4月7日 | トップページ | 2014年4月28日 »

2014年4月10日の1件の記事

2014.04.10

スパイスジャーナルvol.14の見所

遅ればせもいいところですみません!

1月末に発行いたしました、スパジャーvol.14の見所をご紹介いたします。

タイトルはずばり!

『胡椒スペシャル』

最大の見せ所は、内戦で絶滅しかけていたカンボジア胡椒の再興を果たした『KURATA PEPPER 』こと倉田浩伸さんの密着取材です。

倉田さんの取材の様子はネット連載「職人味術館」でもお伝えしています。

コッコン州の胡椒農園を訪ね、生の胡椒というのはフルーティな香りがすることを生まれて始めて知るのでした。

プノンペンのど真ん中にあるショップにも伺い、とれたての胡椒の加工場見学や、自社農園で育てた胡椒の酢漬けや佃煮、てんむすなど独自の調理品も取材させていただきました。

日本にいるとある種の偏った情報に溺れ、人とはものすごい勢いでつながっていくのに、料理については反比例するように点としてとらえられがちだな~と僕は一人でそう感じています。

スパイスは画一的世界ではない。生産される土地の気候、土壌、人々のかかわり方、伝統的な農法、働く人々の姿勢など、あらゆることが影響しているのだな、ということをKURATA PEPPERの農場やショップを取材させていただいて実感しました。

その様子を1冊の中にぎっしりと詰め込んでおります。

その他、大阪でいちはやく国にこだわらず手法に縛られず、スパイスワールドを柔軟に展開している『チョウク』店主の片倉さんと、生の胡椒をテーマにバンコクを行脚。

さらに僕カワムラとプロ料理人たちによる胡椒料理レシピの数々。

シリーズものとして胡椒の薬効について分析と理論を展開する近大薬学部のDr.Tagaのスパイス宇宙の旅。酒にあうスパイス料理の提案をスケッチレシピによって表現し続けるミヤカワアキラのインディーズバー。

また、着実にファンを増やし続けているマンガ『堀チキ 愛の劇場』。ならびに京都左京区に限定したスパイス処を紹介する『京の左』など、毎度毎度の盛りだくさんの内容となっております。

ぜひぜひ、みなさんお買い求めください。

めくるめく終わりなきスパイスのドリームワールドが小さな身体(A5)の中にぎっしりとつまっています。

どうぞウエルカム!

●Spice Journal website

●club THALI online(定期購読などお申し込み)

●スパジャーツイッター

●スパジャーFB

●スパジャー取扱店情報

●スマホ

« 2014年4月7日 | トップページ | 2014年4月28日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook