Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2016年1月6日 | トップページ | 2016年1月19日 »

2016年1月11日の1件の記事

2016.01.11

ばんばんさんの番組にゲストでおじゃま~

昨日、大阪の人気FM曲、FM COCOLOに行ってまいりました。


毎週日曜のお昼にばんばんさんの番組があって、そちらへゲストとして呼んでくださいました。


いやー感無量です!!!幸せです!!!ありがたいです。


なんせ僕にとっては超あこがれの大スターですから。


僕は昭和40年生まれですが、中学時代の聖教育といえば、ばんばん、ちんぺいちゃん、佐藤さん、というのが究極の教師でした。


特に試験が近くなるとその濃さは増すばかり。


教科書をひろげ、ノートをおき、鉛筆を握り締めてラジオのスイッチをオン。


聞こえてくるは「MBSヤングタウン」スクール。曜日によってまったく違うんです。パーソナリティも内容も。


で、もっとも面白いのが金曜日の、ばんばんさんの日でした。毎週待ち遠しかったな~


今では考えられないトークを炸裂。間違いなく放送禁止かと。でも、それが単に下なんじゃなくて、どこかに信頼と安心があるんです。


飲み屋の常連客とマスターの関係みたいな。どこまで行っても笑いあえてしこりが残らない。で、次あったら前のことは忘れてて、今日は今日で存分に楽しむっていうあの感じ。


特に関西圏では、ばんばんのことをいい兄貴と思っている人は相当に多いと思います。


そんなみんなの兄貴とお近づきになれて本当に光栄です。


で、TV番組もそうですし、今回のFMでもそうでしたが、ご縁はスパイスがきっかけです。


いろんな特長を語るうちやはり料理に流れ、となるとやがてインドへと。


僕はめったと自分からインドの話をすることはありません。もちろん理由があるからですが、でも、なんだかばんばんさんとなら話したいと思いました。


それは今回のFMでもチラッと出てきましたが、西洋や欧米とは逆の世界観がインドにはあるからです。


ばんばんさんは、自分が苦しいときにインドに助けられたとおっしゃってましたが、実は僕もそうなんです。


僕は本当にインドには何の興味もありませんでした。ただ料理の面でとても強い影響を受けていただけで。


でも、なぜか周りにインド人の友人が増えていって、いざというときの彼らのタフさや優しさを何度も目の当たりにしてきました。


苦しくてお先なんて真っ暗などうしようもないときも、彼らはじっと直視してサポートしてくれました。


神がかったような体験もたくさんあります。


もし、今度ばんばんさんとゆっくりと話ができる機会に恵まれたら、そういったことも話せたらななんて図々しく勝手にそう思ってます。


今日ようやくいつもの氏神さんのところへ初詣へ。素敵なご縁をいただいたことに感謝の合掌。


よ~し、今年も笑って生きよう。

« 2016年1月6日 | トップページ | 2016年1月19日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook