Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2016年3月27日 | トップページ | 2016年4月7日 »

2016年3月29日の1件の記事

2016.03.29

まだかなトゥルシー、まだかな~♪

今年の2月、沖縄のハーブ農家、大原さんと話していたんです。

「このあいだカワムラさん、トゥルシーのハーブティを飲まれてるって言ってましたよね。ちょっとうちで植えてみます?」(大)

「昨年カトマンドゥへいった時に、知人のネパール人とアーユルヴェーダ薬局へ行きましてね、そこで勧められたんです。インドやネパールでこれを知らない者はいない、っていうくらいポピュラーな配合パターンのものらしいです」(カワ)

「それ、なんていう種類かわかりますか?」(大)

「ええ、トゥルシーに種類があるんですか?」(カワ)

「僕も詳しくはわかってないんですけど、今うちで手に入る品種がこの3種です」(大)

「そういえばトゥルシーって見るたびに形が違う気がしていたんです。この前たまたまバンガロールのとあるインド人の庭のものを撮らせてもらったんですが、たぶんこれが少なくともインド人の間では神聖視されてるタイプのトゥルシーと言っていいと思います。よく見るのがこの形だから」(カワ)

「うちにも何度か電話かかってきたことあります。インド人から。でも、うちは農家だからそう簡単に対応できなくて。アジアンハーブだけでやっていけるならまだなんとかね(笑)」(大)

「ヒンドゥの神がどうなのかは僕にもよくわかりませんが、とにかくちまたで食用とするそれと、少なくとも神聖視されているものは違うと思いますね」(カワ)

「僕も以前に育てていましたが、タイのガパオ、いわゆるホーリーバジルは緑色で柔らかです。でもあれもいくつか種類があって赤紫色のものとか、混合したものとか。とにかく交雑しやすいので本場の者も混同しちゃってるようですよ」(大)

「多いですね、そういうハーブ。現代の日本はとにかくカテゴリーしたがるので大変でしょ?」(カワ)

「現場は自然が相手ですからね。常に移ろい行くもので、すべてが曖昧といえばそうだし完璧といえばそう」(大)

「バンガロールで撮った写真があります。これとよく似た品種を栽培してくださいよ」(カワ)

「あれ~同じのがない!いや、でもこれかな。いや、こっちか。種屋のデータ写真、逆光だしピンボケだし、よくわかんないや!」(大)

~~~あーでもない、こーでもないと15分ほど写真を見比べ続け、ようやく結論を出す。

「よし、これが一番近い。茎の色や長さ、葉の感じが似てる。と思う。ま、これでいきましょう」(大)

「Rama、Vana、Krishnaとあって、3つめのクリシュナですね。うん、ヒンドゥ感もがっつりあるし、それでいきましょう!」(カワ)

こうしてトゥルシー栽培が決まりました。

大きくなるまでにはおよそ3ヵ月かかるそうです。

2月9日の話だからゴールデンウィークあたりにはいい感じになっているのかな。

と、よく考えたら、その頃に僕はまた沖縄へいかなきゃならない用事があったぞ!

そうだそうだ!沖縄へ行くのだ~!

うっひょ~!やっぱり縁があるんだなぁトゥルシー in the 大原農園。

あぁ待ち遠しいよ、まだかな、まだかな♪

●トゥルシーについてはこちらにも書いています

S_mg_6544 これが大原農園のインテリジェンスオフィス、コンテナ1号館。
S_mg_5978 最近はどんどん圃場拡大中。若手スタッフも汗水たらしてハーブを育てている。
S_mg_5977 沖縄で最初に生れたカレーリーフの移植がこれ。まだまだ元気に生きている。
S_mg_6008 スイートバジルの大行進。今年の沖縄はアブラムシ多発でダメージが大きいらしいが大原農園では病気の発生は見受けられない。
S_mg_5994 余談ですが上がブラックペパーミント、下が日本で一般的なスペアミント。
S_mg_4716 バンガロールのとあるインド人宅庭にあったトゥルシー。クリシュナ種か?
S_mg_6456 おまけ。沖縄といえば青い海でしょ。前日に行ったアラサビーチ。気温は24度だった。

« 2016年3月27日 | トップページ | 2016年4月7日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook