Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 三重県「月の庭」パクチー祭り 御中 | トップページ | 『クシティ伝説』ともうひとつの話 »

2016.10.31

「ちちんぷいぷい」スパイスの応用『ディープ・ナス』

前々回に引き続き、9月放送の、ヤマヒロさんオリジナルスパイスの回でご紹介したスパイスを使っての簡単アレンジ第二弾!

もうすでに、買ったスパイスがどこへいったかわからない!なんて方はいませんか!?

ダメです、引っ張り出してきてください。

今回も前々回で紹介したムック『ロック酒場』(2005年日経BP社)に公開した作品です。

急に寒くなってきたので、今のうちにと思ってこの一品。ナスの超簡単スパイス料理をご紹介します!

今回使うスパイスは2種類とガラムマサラ!ガラムマサラとは特に肉の料理などに使う香りブレンドですが、もちろん既製品でいいですし、もしなければせっかく作った?カレー粉でやってみてください。

同じブレンドものでも、ガラムマサラとカレー粉はまったく違うものですが、だからこそさらにアレンジができて楽しめます。

ということで例にもれず当時の生原稿をここに貼り付けます!
 

『ディープ・ナス』(2005年『ロック酒場』日経BP社発行)
 

○材料(2人前)

・ナス    2本(乱切り、または拍子切り)
・鶏ひき肉  100g
・白ネギ   1/2本(長さ5センチ程度のぶつ切り)
・ショウガ  小1(粗みじん切り)
・ニンニク  1片(粗みじん切り)
・調味料   ティエンメンジャン 小2(なければ味噌小1、またはケチャップ小1)
・醤油    大1(好み量で)
・片栗粉   小1~2(30ccの水で溶いておく)
・水     170cc
・ごま油   ひとたらし

*市販のスープの素を入れて旨みをより濃くするのもGOOD!

(スパイス)

・粗挽き黒胡椒  小1/2
・粗挽き唐辛子  少々(好み量で)
・ガラムマサラ  小1/2(またはカレー粉小1/2)
・サラダ油    適量
 

○道具

・やや大きめのフライパン
・おたま、または調理用のスプーン状のもの
 

○作り方

1.切ったナスをしばらく水につけてからザルに取り上げておく。
2.フライパンに油、粗挽き黒胡椒、粗挽き唐辛子をいれ火にかける。
3.焦がさないように弱火で30秒ほど熱したら、ニンニク、ショウガをいれる。
4.鶏ひき肉、ナスを炒める。
5.ナスの切り面が黄色くなり70%火が通ったら、白ネギを加える。
6.醤油、ティエンメンジャン、ガラムマサラの順に加える。
7.水を加えて混ぜたら煮る。
8.ナスにしんなりとしかけた頃に水で溶いておいた片栗粉をいれてよく混ぜる。
9.とろみがついたら火を切り、ごま油をたらしてできあがり。
 

○キャッチ

パープルのコピーのように、
まずはナスから始めよう。

*「パープル」とはかのロックバンド「ディープ・パープル」のこと
 

○本文(20L)

ナスはどんな味付けにも対応できるし、何よりも色が鮮やかで食欲がわきやすい素材だ。多くのロッカーが最初の一歩としたディープ・パープルも同じこと。中でもリッチーブラックモアが奏でるギターは、実に鮮明で幅広いテクニックが凝縮されていた。だからナスはリッチー。やや多めの油と、旨み調味料、スパイスで、パワフルでなおかつ艶やかなナスの魅力をぐぐっと際立てよう。もちろんナスを炒めるときは、リッチーのギターのようにスピーディーさが大事。今回はメリハリに粗挽き黒胡椒、アレンジにガラムマサラ、やや渋め役で粗挽き唐辛子がゲスト入り。旨みを上手に演出できたら、少々はずれてもなんとなくまとまりのある味になるはずだ。スパイスセッションの始まりにはもってこいだろう。Yea!
 
●ヤマヒロさんオリジナルカレー粉のレシピを確認したい場合はこちらを
 
●拙著『絶対おいしいスパイスレシピ』にアレンジレシピが満載!

« 三重県「月の庭」パクチー祭り 御中 | トップページ | 『クシティ伝説』ともうひとつの話 »

絶対おいしいスパイスレシピ」カテゴリの記事

料理デザイナー、スパイス料理研究家として」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 三重県「月の庭」パクチー祭り 御中 | トップページ | 『クシティ伝説』ともうひとつの話 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook