フォト

動画はじめました!

  • 動く!スパイスジャーナル

Recommended book

  • (エッセイ・写真)【THE KURATA PEPPER】 (2019)小学館
  • (拙著)【おいしい&ヘルシー!はじめてのスパイスブック】 (2018) 幻冬舎
  • (拙著)【絶対おいしいスパイスレシピ】(2017)木楽舎
  • (あまから手帖連載ムック)【山海の宿ごはん】(2005年)クリエテ関西
  • (取材)【カレー全書】(2016)柴田書店

SNS

無料ブログはココログ

« 2016.11.07 | トップページ | 2016.11.14 »

2016.11.12

「ちちんぷいぷい」スパイスの応用『本格インドカレー甘口』(6/27/2020修正)

毎日放送『ちちんぷいぷい』9月放送の、ヤマヒロさんオリジナルスパイスの回でご紹介したスパイスを使っての簡単アレンジ第三弾!

今回はちょっと手間隙をかけて本格インドカレーはいかがでしょうか!

これは三重県の情報誌「月刊しんぷる」に公開したレシピに、身体が温まるスパイス使いをアレンジしました。

辛くしたい場合は出来上がり(食べる直前でもOK)に粗挽き黒胡椒か粗挽き唐辛子を好みで振りかけて食べてください。

ホールスパイスをちょっとだけ使った本格派ですが、なくても大丈夫です。パウダースパイスもなければ好みのカレー粉で問題なし。

それではグッド・ラック・スパイスクッキン!

 

「子供のために作る!本格インドカレー 甘口」(2014年9月号№403『月刊しんぷる』株式会社ゼロ発行)

○材料(4~5人分。できあがり約1000g) *調理時間90分

・鶏もも肉    約500g

・ホール缶トマト 200g(カットタイプ) *フレッシュトマト(完熟)でも可

・牛乳      1カップ

・タマネギ    300~400g(小2個~大1個くらいの量感)

・ジャガイモ   100g(小1個)

・ニンニク    2片(おろす)

・ショウガ    4~5センチ(半分おろす。もう半分は千切りに)

・ヨーグルト   50g程度(プレーン)

・塩       7~10g(小さじ1.5~2) *ご自身の体調に合わせて調節してください

・水       3カップくらい

・サラダ油    大さじ2

 

(ホールスパイス)

・ローリエ    1枚(なくても可能です)

・シナモン    5センチ(なくても可能です)

・クミンシード  小さじ1/2(必須。庶民的なスーパーでもしばしば見受けます)

・フェヌグリーク 小さじ1/3 *なくても可(なくても可能です)

*ホールスパイスがない場合は下記パウダースパイスをカレー粉18gにしてください(大さじ約2)

(パウダースパイス)

・ターメリック  小1.5

・コリアンダー  小さじ2.5

・クミンパウダー 小さじ1強

・グリーンカルダモン小さじ1

*またはカレー粉を15~16g(小さじ約5)

*甘口と言えども、粗挽き黒胡椒くらいは入れてもいいと思います。入れることでうまみが増します。入れる場合は小さじ1/3程度。

パウダースパイスの量は神経質になる必要はありません。ざっくりでコンナモンかなでOKです。

(仕上げのスパイス)

・ガラムマサラ  小さじ2 *なくてもおいしくできます。あるいはクミンパウダー、粗挽き黒胡椒を振りかけてもOK

 

○道具

・やや大きめのフライパン(蓋つき)、または1L以上はいる鍋と蓋

・カレーを混ぜるためのヘラ

・カレーをすくうためのレードル(オタマ)

・おろし金

 

○下ごしらえ

1.鶏肉は皮を取り、一枚あたり4~6切れほどに切る。*皮は好みでどちらでもいいです。ちなみにインド人はみんな皮を取ります。

2.ボウルなどに入れてターメリックまたはカレー粉小さじ1/2と塩小さじ1/2、おろしたニンニクとショウガ、ヨーグルトをいれて和える。常温のまま置いておく。

3.タマネギを粗みじん切りする。

○調理

4.鍋にサラダ油とホールスパイスのすべてを入れて火にかける。弱火~中火。

5.しばらくしてスパイス(特にクミンシード)から小さな泡が出てきたら、さっと混ぜて、タマネギを炒める。中火。

6.黄色~茶色の間になるまで炒める。色が濃くなるほど、旨み、色も濃くなっていく。中火で10分も炒めれば十分。

7.トマトを加えさらに炒める。焦がさないようにヘラで混ぜながら、火加減を注意しながら。

8.全体がまとまったら鶏肉をヨーグルトごと入れる。

9.鶏肉の色が変わるくらいまで炒める。

10.パウダースパイス、またはカレー粉を加え、よく混ぜる。スパイスを入れると全体が固まるのでしっかりと力を入れて。

11.水を1カップいれて混ぜる。残りの塩(小さじ1~1.5)を入れる。

12.グツグツと煮えたらまた1カップ、さらに1カップ、という具合に水を合計3カップ入れる。水量はとろみを強くしたいときは2~2.5カップくらい、薄めたいときは3.5カップくらいと微調整する。全体に火が通りなじんだら牛乳1カップを加える。

13.中火から弱火の間で煮込む。時折、蓋をあけて中身を混ぜる。焦がさないようにご注意。

14.上面に油が浮いてくるまで煮続ける。15~20分程度。

15.浮いてきたら弱火に落として、とろみ(水分)、塩分の最終調整をする。足らなければさらに加え、多すぎれば水か牛乳を微量加え、一度煮たててよく混ぜる。

16.火を切り、ガラムマサラを加えざっくりと3回かき混ぜたら器にもりつける。

17.ショウガの千切りを好みの量トッピングして出来上がり。

(チキンカレーに関する詳細はSpice Journal vol.01,vol.03,vol.12各号にあり) 

 

○その他

長粒米、小粒のお米、水分少なめで炊いたご飯などがよく合います。

●いままでの『ちちんぷいぷい』スパイスレシピは以下の通りです。

 『秋のキノコ鶏カレー』 9/28

 『ヤマヒロさんオリジナルカレー粉』 10/6

 『YAKITORI』 10/26

 『ディープ・ナス』 10/31

拙著『絶対おいしいスパイスレシピ』 にアレンジレシピが満載!

●上記のレシピと少し違いますが、基本的には同じです。こちらも子供さんや年配の方にでも食べやすいうえに、庶民派スーパーで入手できるであろう3つのスパイスでできる、めっちゃテキトーだけど実は本場式の、おいしいチキンカレーの作り方です。ぜひご参考にどうぞ!

« 2016.11.07 | トップページ | 2016.11.14 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

カテゴリー

  • カワムラケンジニュース
    個人、仕事、メディア、イベントなど、様々なニュースを載せています。
  • レシピ~スパイスの解説
    スパイスの基本、効能、応用。本場の言い伝えや習慣についての話です。
  • レシピ~ヘルシースパイス
    インド人たちが言う「グッド・フォー・ヘルス」なスパイスレシピ集です
  • レシピ~メディア公開分
    テレビや雑誌、ネットなどで広くの方に向けて発信したレシピ集です。
  • レシピ~家族のために
    年配の方から子供さんまで、誰もが楽しめる家庭のスパイスレシピです。
  • プライベートと仕事の区別のない自分自身の時間が僕にとっての旅です。
  • 拙著のこと
    「絶対おいしいスパイスレシピ」(木楽舎)と「おいしい&ヘルシー!はじめてのスパイスレシピ」(幻冬舎)に関するお話し
  • プライベート
    どうでもいいようなよもやま話から暑中見舞い、年賀のご挨拶などなど。

club THALI