Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2016年11月12日 | トップページ | 2016年11月15日 »

2016年11月14日の1件の記事

2016.11.14

身体が軽くなるカレー

平素はカミさんに叱られてばかりいる上、僕の周囲は殆どが年下のせいか誰も誉めてくれないので、ここでは自己心酔したいと思う。はい、ちょっとだけやん。

拙著『絶対おいしいスパイスレシピ』にある「チキンカレー」(P28-29)が「めちゃめちゃおいしい」と誉められたのだ。

また、そういってくれたのが街の一流料理人、しかもこれから大阪を担っていくであろう30代の若手夫妻ってのがゲッツシビレル。

嫁さんは某有名料理学校卒、旦那は某有名料理店で修業を経て、大阪でこじんまりとしたアジア系料理店を営んでいる。

旦那「数日間、身体の調子がよくなったのがわかりました」
嫁さん「お通じもすごくよくなって肌も艶々。ま、ワタシ元々艶があるほうかも、ですけど」
旦那「やっぱり現場でやっていた人のレシピって感じですね~」
嫁さん「シンプルだからワタシでも簡単にできました」
旦那「普段忙しくて、もう身体もへとへとやったんですけどめっちゃ軽くなりました」
嫁さん「本を持ってスーパーに出かけて、そこで全部そろえることができました」

そやろ、そやろ。

あれは明治のブルガリアヨーグルトのプレーンを(1998年当時すべての商品を何度も試した上でこの商品がベストだったため品名指定している)たっぷりと使い、でもそれ以上入れたらダメってくらいの量感なのだ。

それだけじゃない。旨みを一度横に置いたところがポイントなのだ。昔はどうやったってお客から散々「うまみ、うまみ」と叫ばれたものだが、最近はようやくスパイスと素材の鮮やかな味の魅力が一般に染み渡ってきた感じ。

ブイヨンに頼らず、さらに鶏肉の量をできる限り控えてある。データという結果だけを見れば簡単なようだけど、それは現場で百戦錬磨しないと見えてこない感覚である。

ほかにも色々ポイントはあるけどまた話が長くなって嫌がられるといけないのでこの辺でやめておく。はいはい。

僕は長い間、陽のあたらないあちこちの裏町で料理の仕事をしてきた。霧に覆われて先の見えない人生であった。

でも、こうして本になったことで、裏町では出会えなかった人たちに伝えることができて、とても光栄だし、今までやってきてよかったなと思う。

彼らとは久しぶりの再会だったのでお世辞で言ってくれたのかもしれない。

でも、たまには僕も舞い上がりたい。

おかげで僕も身体が軽くなったぜ~

« 2016年11月12日 | トップページ | 2016年11月15日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook