Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 『魚河岸鰻遊』第五話「軽子が行く」 | トップページ | 「バンパク ノ ニカイ 二 ハラールソバ」? »

2016.11.22

「ちちんぷいぷい」スパイスの応用『大根の簡単漬け』

毎日放送『ちちんぷいぷい』9月放送の、ヤマヒロさんオリジナルスパイスの回でご紹介したスパイスを使っての簡単アレンジ第四弾!

今回ご提案するのはサラダ感覚で食べられる大根の漬け物です。

漬け物といってもスパイスとビネガーでささっとできちゃう超簡単漬け。もちろん、できれば1日くらいは漬け込んでもらったほうがおいしいけど、今の季節なら浅漬け感覚で食べてもおいしいと思います。

カレーのお供に、ほかの野菜とあわせてミックスサラダに、午後のおやつに、夜のお酒のつまみにもなるし、残れば密閉容器で保存すればするほどどんどん味が染みておいしくなるというわけ。

色んなアレンジができるけど、今回は最もシンプルなレシピをお届けします。

それではグッド・ラック・スパイスクッキン!
 

「大根の簡単漬け」(2010年12月号『リシェ』京阪神エルマガジン社発行)
 
 
●大根の漬物

下準備5分 調理40分 漬込み1日

同じカレーでもスパイスを駆使した手作りのインド式カレー+ライスとよく合います。素材は生の大根。味の基本は甘酢。そこに唐辛子やターメリック、好みであれば胡椒やハーブ類を加えることで、味と歯応え、見た目すべてによりメリハリがでてきます。
 

○レシピ

大根     1/2本
塩       大さじ1

(A)
塩       小さじ1
酢       80cc *量はもっと多くても可。好みの酢でOK
砂糖      50g *これが最低量。酢と同量くらい入れてもおいしい
ターメリック    小さじ1/4~1/2 *多くなるほど風味や色が濃くなる
唐辛子または粗挽き唐辛子      1本または少々
 
 
○作り方

下準備
大根を適当な大きさに角切りに(短冊切り、拍子切りなど好みの形に)、唐辛子は種を出して3つに切り分けておく。(粗挽きの場合はスルー)

1.大根に塩小さじ1を振りいれ15分ほどおく。(この時間が短いと瑞々しくてさっぱり味に、長いと濃い味になる)
2.大根の水分が抜けるまでの間、調味料を作る。ボールにAを入れてよく混ぜる。
3.(2)を鍋にいれ、一度沸騰させてさせたらすぐに火を切り、再びボールに移しかえ冷水で常温まで冷ます。
4.(3)に大根を加え、15分ほど漬けたら出来上がり。(冷蔵庫で一晩漬け込むと翌日しっかりとしたピクルスになっている!)
 

○ポイント

塩漬けにすることである程度の水気を抜きます。これで好みの歯応えと味に調節します。

○ポイント

砂糖は好みのものを使えばいいのですが、生ものほどミネラル分の多い糖分を使うとうまいです。

« 『魚河岸鰻遊』第五話「軽子が行く」 | トップページ | 「バンパク ノ ニカイ 二 ハラールソバ」? »

絶対おいしいスパイスレシピ」カテゴリの記事

料理デザイナー、スパイス料理研究家として」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『魚河岸鰻遊』第五話「軽子が行く」 | トップページ | 「バンパク ノ ニカイ 二 ハラールソバ」? »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook