Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2017年4月17日 | トップページ | 2017年4月23日 »

2017年4月19日の1件の記事

2017.04.19

インド・ビザ(レギュラー)の取得方法~窓口編・大阪圏日本人版(2017年4月18日)

いやはや、インドはやっぱりミラクルだ。

ヒトや料理のみならず、行政管轄での届出ひとつとっても、何が本当で何がウソかよくわからない。

だから僕は昔から、インド料理とは創作料理のことなのだと言い続けているのである。

いや、思いつきの単なる組合せや、奇をてらっただけの未熟な料理のことではない。その逆で、伝統という基本をとことん重んじた末に見えてくる、無限の大宇宙を指している。

ん、銀河鉄道のことかって? ふむ、やっぱり言葉にできないところがインドなのだなぁ。

ま、料理の話はおいておいて、昨日、インドビザを申請しに堺筋本町までいってきた。(*これは大阪圏の届出の話で、東京圏はインド大使館へ)

以前は同駅から大通りを越えた裏筋のビル1階のビザセンターだったが、今は堺筋と中央大通りの交差点南東のビル10階にあるインド総領事館で受け付けている。

で、このビルからしてなかなかのミラクルなので要注意。ビル名を「船場ISビル」というのだが、よく似た名のビルが一筋東側にある。キンコーズが入っているほうである。

エレベーターをおり、突き当たりの入口を入るとすぐそこが受付スペースになっている。けっこう多くの個人法人らしき人が待機していた。

そして、やっぱり大半の人が申請を完了できない様子。なにかしらのミステイクがあり、頑張って食い入るも呆気なくつき返されてしまうのだ。つまり、あらためて出直す必要があるわけだ。場所は変われど、この毅然とした対応は以前から変わらない。

僕は僕で写真のサイズをミステイク。家の近所の撮影マシンで、なんとなくパスポートサイズのボタンをおしてしまったのだ。匂いや気配を感じるのは得意なほうだが、文字の読解力がかなり弱い。まだまだライター修業が足らない。

が、写真の場合は、近所に写真ショップがあったおかげでなんとかクリア。撮影マシンの700円ロスは悲しかったが、出直さずにすんでよかった。

このようにビザ申請は一仕事であるが、特にインドは書き方が非常にわかりづらいのと、しょっちゅうどこかの何かがころころと変わるので、昔は全部まとめて旅行代理店に一任したものだ。

この難関を、不親切なインドととるのか、自らがあえて面倒なことに挑んでいるととるのか、これもまたミラクルといえばそうである。

ということで、なかなか手間のかかるビザ申請について、僕が直接、総領事館に確認したことと、あぁこれ助かるなぁと思ったいくつかのサイト情報をここに記録しておく。個人申請する方のなんぞ参考になれば。

なお郵送での申請も可能なようである。詳しくはインド総領事館に直接電話して聞くのがベストかと思われる。日本語ペラペラなので安心だ。

ほな Good Luck and Have a good trip!

 

★インド・ビザ(レギュラー)の取得方法~窓口編・大阪圏日本人版 届けに関する情報

●申請受付時間 月~金の9時~12時
しょっちゅう休むのでこちらのページで確認ベター
あるブログには「~11:30」との記載もあったが、確かに早めに行ったほうがいいかもしれない。

●必要なもの
記入済みの申請書のプリント、オリジナルパスポート(コピーではない)、写真1枚(2インチ正方。約5cm)、1400円
以上

ビザ申請書(ネット上で記入する)
左側オレンジ色の「Regular Visa Application」を選択。
(右の「e-VISA」と間違えないように。正式名称?は「e-Tourist Visa」「e-TV」のようだが「e-VISA」という表記も散見)

●申請の流れ(窓口編)
申請書の記入~プリントアウト~必要なものをそろえる~窓口へ提出~受取の日時を知らされる(僕の場合で3日後)~受取(完了)

●ビザ申請書の記入方法
http://visa-india.jp/ex-ol/
http://visa-navi.net/guidance-for-filling-out-indian-visa-application-forms/
どちらも丁寧に詳細まで載っているので、よく確認しながら匍匐前進すべし。(勝手にリンク拝借!)

ちなみに申請書1Pめ「Indian Mission(届出をする場所)」に「JAPAN-KOBE」と書かれているが、大阪圏の者はこれを選ぶ。総領事館は元々神戸にあり、阪神大震災で大阪へ転居。どちらでもない大阪と神戸のもの、という境界線を越えた平和的ミラクル表記なのだ。
 

★その他の情報

●アクセス
地下鉄堺筋線「堺筋本町」駅 7号出口すぐ
*近隣の駐車場は1時間800~900円くらいの感じ。自動二輪だと長堀橋地下か東長堀地上辺りに停めて一駅または歩10分ほど。

●総領事館近くの写真撮影ができる店
Senbaphoto
写真は受付の方が見せてくれた地図。「3,4,5」と番号が書かれているのは、船場センタービルのこと。
上が北の位置になっている。中央大通り南側歩道を西へ、一つめ、または二つめの信号から船場センター内へ歩3分。

(店主がきちっと撮ってくれる。仕上がり約10分。2枚で1260円だった)

« 2017年4月17日 | トップページ | 2017年4月23日 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook