Recommended book

  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

カテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« パワスポならぬスパスポ | トップページ | 熱波の冒険で痩せる宣言を撤回 »

2017.05.02

底知れず深いラジャスターン、の前に。


気がつけば今日で5/2?になっている。超簡単であるはずのSNSでさえもアップデートする間も無く、インドに旅立ってからすでに5日め。

今回のインドは果てしなく遠く、底知れず深い。

まず関空がディープだった。元々ディレイが得意技のエアインディア(インドのナショナルフラッグ)であるが、まさかの関空発のドボン。

本来なら午後2時10分発なのだが、なかなかチェックカウンターがあかない。まぁちょっとくらいならよくあることだし、とたかをくくっていたら、担当者が出てきてスンマセン5時頃になりまっさと。

そんなアホなと思い、でもまぁなんくるないさと昼ごはんを食べに行く。

よーしトンカツ食ってベジタリアンの家にホームステイに行くぞ!と気合いを入れ直し一応カウンターに確認に行くと、やっぱり19:20になりまっさ、と1000円クーポンを渡された。

が、よく見るとこれ、使える店が原的で、外側はレストランばかりで、内側にカフェが。

ならば中に入ろうと先へ進むと今度は、この便はまだ中へは入れませんねん。

どっちにしても僕らはさっき自腹でトンカツ食っちゃった。で、普段は鬼のカミさんが、土産でも買いに行くかと実に人道的に誘ってくれた。

それでなんとか1時間ほど時間をつぶし、そろそろ入れるかいなと思って確認したらOKで、すっかり疲労困憊のカミさんは帰路につく。

でもって僕は中に入り、ゲート前のカフェで意地のクーポンを使うのだがここでまた問題。同行のインド人君が口にできるものが少なすぎるのだ。

そう、彼はベジタリアンであった(インドのベジタリアンは多くが乳製品はOKどころか大好き)。

日本の食事は節操がないどころか無哲学の極みだが、飲み物もどんどんなんでも混ぜ込むようになってきている。

結局、そこではソイチャイを選択。オシャレではなく残った選択肢がそれだった。ちなみにチェック前はマクドでイチゴシェイクを飲んでいる。

こうして、ようやく日が暮れてきた頃に信じがたいことが起こる。なんと40分発にまたディレイ。この段階ですでに3、4人の知り合いができていた。あ、インド人の話で、彼らはすぐに誰とでも親しくなるし、狭いコミュニティーだからすぐに縁がつながる。

僕はさっぱりわからないので居眠り続け。でようやくやろ!と思ったら再びドボン。

もうちょっとだけ待ってね的なアナウンスが流れ、おいおいいい加減にせえよ的に起こる中国人らしき人、ゲラゲラ笑うインド人、冷めきるネパール人でゲート前はぐだぐだ。

このようにして結局、機内に着席した時は誰も疲労困憊で、ライターの僕でさえも時間チェックを失念してしまった。煙に巻いたら世界一。
やっぱりすごいぞエアインディアマジック。

ということでデリーに着いたのは現地時間で朝の3時過ぎ。僕らが入国準備をへてゲート前に出たのは多分5時半くらいである。

あーほんま疲れたわ。



« パワスポならぬスパスポ | トップページ | 熱波の冒険で痩せる宣言を撤回 »

ライターとして、料理人として」カテゴリの記事

プライベート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« パワスポならぬスパスポ | トップページ | 熱波の冒険で痩せる宣言を撤回 »

club THALI Twitter

  • club THALI Twitter

club THALI

フォト

カワムラケンジのプロフィール

Spice Journal(カワムラケンジ) Facebook