« 歩くということ①~熊野古道取材の記録 | トップページ | 歩くということ②~熊野古道取材の記録 »

打倒認知症おふくろ日誌〜スパイシー弁当プラン

打倒認知症おふくろ日誌〜弁当プラン

年末進行による嵐の前のドタバタで、先日カミさんやおふくろたちと約束していたランチに。

と言ってもおふくろはもうほぼ外食不可能になってしまっているので、今回もまた僕があれこれ動くわけですけど、うーん、昨日は最高の秋晴れでしたね!

ってことで、ここは弁当をこしらえて、おふくろを騙してどっか外へ引っ張り出そう作戦。

ほぼ歩行ができなくなってからというものの、すっかり引きこもりになり今や季節も日時も全くわからなくなってしまったおふくろ。

潮風にあたればちっとは頭が冴えるかも、と思い、兵庫南部の海岸へ行きました。そこは松林が多くて、ちゃんとトイレやベンチが整備された場所。

トンビも少なくて弁当ランドとしては最高の場所です。こういう動物的なことだけは僕は詳しいです(笑)

で、チープな車椅子で松の根っこをがたがたと突き進み、テーブルについていざ弁当オープン!

おにぎりは具がなかったのでシソ味であえて、小さめにぎって、おふくろが大好きな海苔で丸包み。

さらにミニミニ出し巻き卵(3個で6切れ3人分)とサラダ(コリアンダーリーフとゴマのドレッシング)、根菜の炊き合わせ、デザートにシナモンかりんとうを。

デザートは僕が昔考えたもので、お客さんたちから大好評を得ていた自信作。

そしてどれもこれも、おいしいおいしいと、実に幸せなランチじゃござんせんか、と思ったら、なんとおふくろがおにぎりを一個しか食べない。

僕らの半分しかないのに残すの?なんでかなぁと思ったら、なんとなんとノリが硬くて食べづらいようなんです。

昔あんなに大好きだったのに、と思ったのですが、今は自分の歯が4本?5本?しかなく、歯茎がどんどん痩せていくもんだから入れ歯もなんども調整を繰り返していて、日に日に柔らかなものしか食べられなくなっているんです。

でも、そう言えばこの海苔は分厚くて硬い。我が家は海苔を切らしたことがないほど大好きなんですが、昔はもっと薄くて香りのいい海苔が多くあったっけなぁ。

以前、能登取材に行った時、海岸の集落では寒の内(年内12月のうち)にとった海苔は青々としていて香りが良く、薄くて上品だったことを思い出しました。年が開けると、赤黒くなってきて硬くなるのだとか。

天然は岩になったものをこそぐんですよね。三重の志摩でも体験したことがあるのですが、これが暇のかかるのなんの。

現代はますます養殖が増えているのだそうですよ。

まぁしかし、いずれにせよ海に恵みであることは変わりないですね。うまいものはうまいんやと。

結局、せっかくではありますが海苔をベローンと剥がして、おふくろはなんとかおにぎりを食べきることができました。

トンビならぬ、カラスや鳩も遠巻きから見ていたのは感づいてましたが、我が家のアホ犬クロがいることで距離を置けたようで。こいつも希に番犬になれるんですね。

この後、ビーチまで行ってもう1つのデザートに潮風。ここの海岸はバリアフリーなので海のすぐそばまで行けるんです。

さらに砂浜へ降り、車椅子を降りてもらって、カミさんが手を取りどこまで行けるかな。なんとか海水に触れますように。

おふくろは元々海や水が嫌いだったんです。でもボケてきたら何でも試せるわけでもありまして。余生でボケて苦手克服ってのもいい思い出になるんじゃないかな、というのが僕の提案です。

そして波打ち際まで15メートルほどあるのですが、10分ほどをかけてようやく5メートルほど前進。

でも、ここで力尽きたみたいで車椅子にへたり込んでしまいました。

しばらくこの状態でアホ犬クロを泳がせ、カミさんにも遊ばせ、とりあえずテンションアップ。おふくろは似合わぬ海辺の紫外線の下で笑いながら目を細めていました。

よかったよかった。遮光カーテン閉めて家で、今日はいつ?誰か見知らぬ人が入ってきてる!とか訳のわからないことを言ってるよりも、絶対こっちの方がいいはず。

この後、夕方に歯医者があるのでさっさと引き上げました。お金も道具もさほど要らないって。

旅は簡単にできるんだから。ボケていいこともありますね!


« 歩くということ①~熊野古道取材の記録 | トップページ | 歩くということ②~熊野古道取材の記録 »

プライベート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 歩くということ①~熊野古道取材の記録 | トップページ | 歩くということ②~熊野古道取材の記録 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

Recommended book

  • 『おいしい&ヘルシー!はじめてのスパイスブック』
  • 『そばうどん2018』(柴田書店)Amazon
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

SNS

club THALI

無料ブログはココログ