« 2019.03.04 | トップページ | 2019.03.16 »

2019.03.11の1件の投稿

家族のためのスパイスレシピ「ペッパー豆腐」

友人やSNSでつながっている方々はもうお気づきだと思うのですが、僕の特徴はマジでリアルな生活がそのまんま料理の生れる場所となってます。

 

カミさんが大病を患って、あれこれあって11年、ずっと主夫として生きてきました。ええ、未熟もいいところですが、これがまた僕の修業の場でもあったんだろうなと思います(笑)

 

後半2年は、おふくろも加わりました。認知症になってしまい、想定以上に病状が進んでしまい、片道約1時間をかけて通う日々。

 

が現実は週に2,3回通って掃除や買い物、料理をするくらいじゃ全然追いつかない。やがて、シモの世話や、深夜のフォローも不可欠となり、同居するようになったのが今年の2月でした。

 

人は簡単に、施設に入れろとか、要介護の認定をもらえと言いますが、それこそ物を知らない人たちの勝手な言葉であり、単純なものではないことがこの2年で痛いほどよくわかりました。

 

僕の友人の介護士は言いました。うちのおふくろはもう完全に要支援2クラスだから、ケアマネージャーを変えたほうがいい、と。

 

でも、それも一筋縄じゃなかったのです。もういろんな理由があります。一時期は高額なお金を払ってそういう専門マンションにでも、とも思いましたが、これも色々あってそういうわけにはいかない。

 

どうやら世の中は介護時代とか長寿時代とかいうけども、現実はそんな綺麗なものではなく、介護施設そのものに疑問がある場合も多いようで。

 

そこでとった決断が同居です。吹田の家は完全な仕事場となりました。料理スタジオであり編集作業場となり、毎日通っています。ハイ!だからこれからはもっとお気軽にレシピや撮影の仕事もできます!ぜひぜひ、ご依頼をお待ちしております

 

で、どういうわけか今年はおかげさまで多忙にさせてもらっていて、まだ2日しか休みが取れていません。正月の1,2日だけやね~\(;゚∇゚)/

 

このような暮らしの中でずっとやり続けているのが、幸せな食事作りです。おいしさを生むこと。おいしさはいろんな邪気を払ってくれます。

 

そしてスパイスは香りや色で持ってもっと邪気を払うし、なによりもちょびっとジャーニーが味わえる。香りや刺激がそうさせるんですね。

 

おふくろだけじゃありません。僕にとってカミさんも大きな山です。とにかく怖いんだから。どうしたらあの鬼瓦が安らぐのか、笑うのか、ゆるくなるのか。それだけを考えてこの11年生きてまいりました。

 

というわけでわずか2人ですが「家族のためのスパイスレシピ」今回は、forカミさんバージョン。

 

どないですか?みなさんの暮らしにも取り入れてみては。まずもって庶民派スーパーで買いそろえられる+簡単+即戦力+常にwithスパイス、がコンセプトぅ!

 

ほな!

 

S_mg_6319_10

 

 

 

「ペッパー豆腐」

 

 

 

普段の厚揚げが途端に酒のつまみになります。仕事から帰ったらまずは缶ビールをプシュッのカミさん。炭水化物や肉じゃなく豆腐。安いし食べ応えあるしどこにでも売ってるし。で何よりベジだからインド人たちにも教えたい一品。

 

 

 

●材料(2人前)

 

好みの厚揚げ 適量

 

ごま油 適量

 

 

 

●スパイス

 

粗挽き黒胡椒 適量

 

 

 

●作り方

 

1.網や魚焼きグリルなどで厚揚げを炙る。

 

2.焼けたら皿に盛り付け、ごま油をひとたらし。

 

3.粗挽き黒胡椒を振りかけて出来上がり

 

 

 

●ポイント

 

ぜひ胡椒の品質にこだわってみてください。僕が使っているのはインド直輸入、エスビー、クラタペッパーのライプペッパー。インド系は辛いものが多いです。エスビーのマレーシア産の胡椒は実に香りが高いです。ライプペッパーはわずかにフルーティさが残り食感、香り共に贅沢至極!

 

 

 

●注意

 

胡椒は興奮剤という説もあるので、提供する際のこちらの心意気を間違うと逆ギレの危険性あり。テイクケア~

« 2019.03.04 | トップページ | 2019.03.16 »

Recommended book

  • 『おいしい&ヘルシー!はじめてのスパイスブック』
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』出版社サイト☆送料無料!
  • 『絶対おいしいスパイスレシピ』Amazon
  • 『山海の宿ごはん』(全編カワムラ取材)2005年あまから手帖ムック
  • 『カレー全書』(柴田書店)*送料無料!

SNS

club THALI

無料ブログはココログ